本物の男子チアのパフォーマンスを見て驚愕したと話す横浜流星/撮影/naoki tamenaga

写真拡大

「桐島、部活やめるってよ」で知られる朝井リョウ原作の『チア男子!!』(公開中)。大学一回生の晴希が、親友の一馬の誘いで男子チア部を立ち上げ、チーム結成を目指す感動の青春ストーリーだ。晴希を演じるのは、テレビドラマ「初めて恋をした日に読む話」で髪をピンクに染めた不良系高校生のゆりゆり”こと由利匡平、『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(19)では女子高生をキュンキュンさせるちょっと強引なイケメン男子高生を演じ、注目の若手俳優の1人となった横浜流星。本作では、友情、絆で結ばれる男子チアチームのメンバーを演じ、新たな魅力を発揮している。そんな主演の横浜と原作者の朝井との対談が実現。男子チアや撮影現場の様子、本作の見どころについて語ってもらった。

【写真を見る】青春スポーツドラマ『チア男子!!』を主演の横浜流星と原作者の朝井リョウが語る/[c]朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

■ 「いままでにない感情と共にプレッシャーを感じました」(横浜)

――男子チアにどのようなイメージを持っていましたか?

横浜「実は、このお話をいただくまで知りませんでした。チアは女子がやるスポーツという印象でしたね。撮影に入る前に、モデルになったSHOCKERS(早稲田大学男子チアリーディングチーム)の演技を見に行って衝撃を受けました。力強くて笑顔がキラキラと輝いていて、美しい。『すごいものを見てしまった』といままでにない感情を抱くと共に『これをやらなければいけないんだ』とプレッシャーを感じたことを覚えています」

朝井「私も大学に入るまで知りませんでした。私自身、大学でダンスをやっていたので、大人数でショーを作るという経験があったのですが、初めてSHOCKERSを見た時は『レベルが違う』と感じました。同い年くらいの人たちのはずなのに、こんなものどうやって作っているんだろうと。そもそもアスリートって好きなんです。文章は読む人によって評価の軸が違ってくるもので、価値もそれぞれですが、アスリートは評価の基準が全世界で定められている中で戦っている。単純に“高く跳ぶ”というだけで、もうすごいですよね。誰が見てもすごいと感じられるものに弱いのですが、SHOCKERSはまさにそういうものでした。ただ、その時はまだ男子チアリーディングを題材に小説を書こうとは思っていませんでした」

――そこから小説を書くにいたった経緯は?

朝井「子どものころから青春スポーツ小説が大好きで、しらみつぶしに読んでいたのですが、起承転結はある程度決まっているな、と感じていました。王道の展開の気持ち良さもあるのですが、いざ自分がそのジャンルに挑戦すると決めたとき、もう少し別の色味がほしかったんです。そんなときにSHOCKERSに出会って、まず“人を応援する”ということが競技の中心になっていることに新鮮さを感じました。メンバーを取材してみると、別のスポーツの経験者が多く、この競技を選び取るまでにすでに物語があるなと思いました。そのとき、男子チアリーディングを題材にすれば、これまでの青春スポーツ小説とは少し異なった雰囲気のものが描けるのではと思ったのが執筆のきっかけです」

■ 「実写化は半ば諦めていました」(朝井)

――晴希のキャラクターや環境など、自分自身とリンクするところや共感するところはありましたか?

横浜「僕はずっと空手をやっていたので、団体競技の経験がありません。晴希が男子チア部を立ち上げてチーム一丸となって頑張っている姿を見て、団体競技そして、スポーツのすばらしさに気づかせてもらいました。もちろん、個人競技とはいえ、スポーツをやってきた人間として挫折もあったし、この人を超えたい!という気持ちは常にあったので、チアチームのメンバーそれぞれに共感できるポイントがあった気がします」

――団体競技っていいなと感じた部分は?

横浜「仲間がいるだけで心強いという点です。1人じゃないって思えるだけで強くいられる気がします。励まし合ったり、支え合うことってステキだなと思いました。学生時代にこういうのを経験しておきたかったですが、22歳になったいま、俳優というお仕事でこのような経験ができたのは、幸せなことだなと思いました」

――ラストチアのシーンは、3か月に渡る特訓を経て作り上げたそうですが…。

横浜「最後のシーンは、まさに一つになれた瞬間でした。特訓の成果を見せる集大成だったので、技のシーンが終わるごとにみんなでモニターを見て確認し、誰か1人でもズレていたら『もう1回やらせてください!』と監督にお願いしていました。それまでみんなで一緒に頑張ってきたので、全員が輝いているシーンにしたいという思いが強かったです。その分、時間はかかってしまいましたが、良いものを作るためにはそういう時間も必要だと思うし、なによりとても良いシーンが撮れたので、うれしかったし達成感がありました」

――迫力があって、笑顔がキラキラ輝いていて眩しいシーンでしたが、朝井さんの感想を教えてください。

朝井「実は、まさに最後のチアシーンの演技ができないという理由で、実写の企画が来ても頓挫してしまうことが多く、実写化は半ば諦めていました。一度、実現可能性が高そうな企画書があったのですが、それはトンがスリム化していて、そこは譲れない、とお断りしたり…7人全員のキャストがそろうことは9年間叶いませんでした。今回、最後のチアシーンを観て、実写化を叶えてくれたメンバーが『ここにいたんだ!』と。実写化への思いがやっと成仏したような気持ちです」

対談インタビューの後編では、クライマックスのチアリーディングの撮影秘話など、さらに様々な裏話をお届け!(Movie Walker・取材・文/タナカシノブ)