大津市の交差点で車2台が衝突し、弾みで1台が保育園児の列に突っ込んで園児2人が死亡した事故で、現場に黒いタイヤ痕が残されており、鑑識の結果、直進してきた軽乗用車と右折しようとした乗用車が衝突した際に軽乗用車のタイヤがパンクしてできたものと判明したことが10日、大津署への取材で分かった。

 ほかに目立ったタイヤ痕は見当たらず、署は双方が衝突までブレーキをかけなかったと断定。乗用車の無職新立文子容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑に切り替え、送検した。

 園児の列に突っ込んだ軽乗用車の無職女性(62)を任意で取り調べ、書類送検する方針。