20年東京五輪チケット販売の第1弾、抽選販売の申し込みが9日、開始された。公式販売サイトにはアクセスが殺到し、つながりにくい状況が続いた。大会組織委員会では混雑時に待機人数と待ち時間を示す「ウェイティングルーム」を販売サイト入り口などに設けたが、サイトにも入れず「大変混雑しています」と表示されるなどのケースが続出。サーバーダウンやシステム障害はないという。

 組織委によると午前10時の受け付け開始から午後5時までに販売サイト入り口にアクセスした人数は延べ約130万人。申し込みに必要なID登録者は前日8日から60万人以上増えて355万人を超えた。ウェイティングルームの待機人数はピーク時で18万人を超え、待ち時間は2時間以上。待機人数が65万人と表示されるケースもみられたが、累積の数字が誤って表示されたもので、改善されたという。

 組織委の鈴木秀紀チケッティング部長は最大2時間待ちは想定範囲としながらも、「ご不便、ご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪。既に一部サーバーの容量増大や状況に応じてウェイティングルームに入れる人数を増やしたほか、前日の4倍以上の問い合わせがあったコールセンターを週末も稼働させる方針を決めた。

 申し込み受け付けは28日午後11時59分までで、鈴木部長は「申し込み順は抽選に影響しない。時間がある時に申し込んでほしい」と話した。