アラフィフ美女が語る美容整形のリスク C型肝炎に感染も

写真拡大

 美容外科の市場規模は今や世界で1兆円を超えたと言われる。日本でもその分野への関心は高く、毎年10%の伸びを示しているという調査結果もある。その活況を反映してか、有村架純の姉・有村藍里や水沢アリーなど、美容整形を告白する有名人も増えた。若い頃にはモデルの経験もあるアラフィフ美女が、なぜリスクを承知で約三十年にわたる美容整形と「メンテナンス」を続けたのか、ライターの服部直美氏がレポートする。

【写真】美容整形を公表した有村藍里

 * * *
 約三十年にわたり、美容整形手術やプチ整形を繰り返してきたと話すアラフィフ美女は、SNSで「うにこ」と名乗り、整形やプチ整形についてオープンに語っている。もちろん、友人や家族、インストラクターをしているダンス仲間にも隠していない。驚くほど明るい口調で話すその内容には、外科手術につきものの「リスク」も含まれていた。

 話はつらかった最初の結婚が終わるころ、21歳で初めて美容整形手術を受けたときに遡る。丸顔でふんわりした可愛らしい印象だった顔を、“強い顔”に変えるため、エラ(下顎角の骨)を削って顎を出し、耳の軟骨を移植して鼻を高く、二重まぶたの幅も大きくした。手術の結果、得られた自分の"新しい別人の顔"はとても気に入っていた。しかし、30歳で二度目の結婚をするにあたり久しぶりに健康診断を受けた結果、C型肝炎ウイルスに感染していることが発覚した。

 21歳のときに受けた美容整形手術が、感染の原因として限りなく疑わしかった。だが、正確なことは今も分からないままだ。それというのも、原因を追及する相手がいなくなってしまったからだ。

「輸血もしたし、当時は手術にフィブリノゲンを接着剤として使っていたみたい。それでC型肝炎に感染したっていうんです。頭にきて、その病院に電話したらガチャ切りされて。それから、しばらくして病院がいつのまにかなくなっていた……怖いですよね」

 彼女が手術に使ったと聞かされた「フィブリノゲン」とは、人の血液成分を原料とした血液製剤「フィブリノゲン製剤」と、それをもとに製造されていた「フィブリン糊」も含まれていたのだろう。フィブリノゲン製剤は出産や外科手術で大量出血時の止血によく使われ、フィブリン糊は手術時の縫合用接着剤として火傷や鼻血の治療、美容外科手術など幅広く使用されていたと言われている。1980年代は使用例が多かったが、当時の製造技術の都合でC型肝炎ウイルスが不活性化しないままだったため、感染を広げてしまった。

 現在では1994年以前にフィブリノゲン製剤を使用された可能性がある人に対し、使用記録がある病院から当時の患者に連絡が入り、厚生労働省はC型肝炎ウイルス検査受診を呼びかけている。しかし、彼女のC型肝炎ウイルス感染が発覚した当時は、まだ被害状況の調査すらすすんでいない時期だった。そんな不運に見舞われたのに、真相究明したくとも病院が消えたことまで笑い飛ばしながら話す。明るく乗り切ることができたのは、C型肝炎発覚直後に結婚した、二番目の夫の存在も大きかった。

「一回り上だった最初の夫は男尊女卑をむきだしにする横暴な人だったけれど、年上でも二番目の夫は優しい人だった。美容整形外科医じゃないけど、お医者さん。私が整形していることも知っていたし、理解があった」

 そうはいっても、治療は簡単ではなかったはずだ。幸いにして現在、C型肝炎は治ったというが、美容整形に対する恐怖が芽生えなかったのだろうか。

「美容整形にリスクがないっていうことはないから。手術後に膿んだりする人もいるし、あわない人もいる。でも、今は技術も上がったと思うから、これからも整形やプチ整形は続けますよ。大がかりな手術は7年に1回くらいかな。細かいものは、頻繁にやっているから数えきれない。たぶん、都内で軽く家が建つくらいはお金をかけていると思う」 最近の“大きな手術”は、しわが気になりはじめたおでこに、プロテーゼを入れたことだ。

「これがけっこう大変だった。おでこの生え際を切るから血がすごくて……腫れもひかないし、もう病院へ行くのが大変だから、夫に点滴の針を指してもらって、コップに血を溜めて。夫の専門は美容整形じゃないけど、お医者さんだし、安心でしょ」

 そうやって独自の安全理論を述べると、プロテーゼが入ったおでこの生え際を「ほら自然でしょ?」と見せてくれた。手術のために不自然になった生え際を直すため、韓国で植毛手術を受けたのだ。

「後頭部から、ほら、こうテープ状にとって株分けみたいに植毛しているの。一本ずつ植毛する方法もあるのだけれど、それは職人技が必要だから時間もかかるし高いわけ。だからテープ状にした。韓国美容整形ツアーみたいなのがあって、それにモニター応募してホテル、コーディネーター兼通訳付きで160万くらいかけた。韓国への往復飛行機代はツアー料金とは別だったかな」

 彼女のように整形とメンテナンスを繰り返す人にとって、美容整形を受けるのに場所は関係がない。だから、美容整形が盛んな韓国へ行くのは普通のこと。もちろん、専門医や医療機関の数が増えてきた日本でも、定期的に何らかの整形やプチ整形を受け続けている。少し前には、つけまつ毛やまつエクの代わりに後頭部から髪の毛を移植して、フサフサのまつ毛を作った。

「接着剤などでアレルギーを起こすので、まつげエクステやつけまつげが使えないんです。でも、移植したまつげは元々、髪の毛だから問題ない。でも、髪だから伸びてくる。伸びすぎないように、ときどき自分で小さなハサミでカットしています」

 ほかにも注射やレーザー治療で若いままの肌を維持するなど、最新の美容整形リサーチを欠かさない。どれだけ維持費がかかろうと、気にならないのだろうか。

「最近はクーポンがよく出ているので、お得なものを有効活用していますよ。自分の細胞を増やす注射FGF(線維芽細胞増殖因子)や、自分の血液を分離して注入するPRP皮膚再生療法が話題ですけれど、定価でやると高いんですよね。だから、しょっちゅうネットでググってクーポンを使っています。誕生日クーポンなんて絶対に見逃せないし、ポイント制の還元率も調べます」 外出することも少ないからなのか、彼女の肌は、シミ、しわ、ホクロひとつもなく、透明感があり、とても白い。どこの化粧品を普段使っているのだろうかと、気になり聞いてみると「もう二十年くらいお化粧をしてない」という。

「もともと社交ダンスをしているから、試合などで派手な化粧することはありました。でも、2年前に競技会から引退してインストラクターになってからは、ファンデーションも塗らないです。ただ、前に強いシミ取りレーザーで血だらけになった後、真っ黒になっちゃって……大変だったときもありました」

 五十代ともなると、ファンデーションなしでは外出できないという女性がほとんどではないだろうか。だが、顔をかなり近くで見せてもらうと、確かに全く化粧をしていない。くっきりした二重の大きな目、密度の濃いまつ毛、ファンデーションすら塗っていない肌も、すべて美容整形だけという。年齢の割にスレンダーな体型も気になったが、ダンスの為に腕とくびれをつくるための脂肪吸引だけはしていると教えてくれた。

 美容整形をいったん受けたら、その状態をキープしたり、よりよくするためには「メンテナンス」が欠かせない。そのための情報収集が、よりよい美容整形やプチ整形を受けるためには必須だともいう。

「中国から韓国へ美容整形ツアーで行った人が、めちゃくちゃ下手なところで手術を受けて悲惨なことになったと聞きました。手術をうけるなら、どういう人がやっているのかを調べることが一番大切。研修医とかに任せっきりで下手なところもあります。それは日本でもある。だから私は、医師が院長一人のクリニックで、もちろん執刀医は院長指名。もしくは大手だったら技術指導部長とか、症例数が多い人を指名する。今は美容クリニックは競争が激しくなっているから、宣伝ばかりが派手で技術がイマイチなところもあるんですよ。私も注射やレーザー治療は安いクーポンを使うけど、大がかりな手術はしっかり調べます」

 実は、再婚した夫とも離婚することになった。

「昔は優しかったけど、色々あって……。もう、男はコリゴリかな。実は、明日も注射を打ってくるの」

 美容整形に踏み出したことに対して、後悔はないのだろうか?

「全くないです。性別を超えたいというか、男女を超えた自信を持ちたかったから。顔を変えたことで自信につながるし、メイクと同じなんじゃないのかな。でも、化粧に時間をかけるのって無駄じゃない? 人によってはメイクに10分、20分どころか1時間もかかるでしょう。でも、土台をいじるとその必要がなくなる。男性は、そういう時間を使ってないじゃない、それがまず不平等だと思う。だから、少しでも肩の荷を下ろせる美容整形は、きっと“良いこと”のはず。

 美容整形をして根本から変えれば自分が卑屈にならない。顔のことを気にせず、はっきりモノが言えるようになった。強く生きるうえでのモチベーションがアップしたと感じている。高い意欲を保つために美容整形とメンテナンスは止められない。学費に費やすのと同じような感覚だと思う」

 美容整形によって人生を好転させられたと語る彼女だが、最後に「でも……顔を変えなきゃ言えなかったっていうところは、弱かったと思う。フェミニストの人たちは別に変えているわけじゃないし」と少しだけ顔が曇ったような気がしたが、すぐに強く明るい顔に戻っていった。

●はっとり・なおみ/広島県出身。保育士、ツアーコンダクターを経て香港へ。日本語学校で働きながら香港中文大学で広東語を学んだ後、現地の旅行会社に就職。4年間の香港生活を経て帰国。著書に『世界のお弁当: 心をつなぐ味レシピ55』ほか。