老け見え“顔たるみ”の進行度をチェック!部位別ポイント

写真拡大 (全8枚)

アラフォー世代の女性で「なんとなく老けた気がする」と感じる人は多いと思います。

たるみは水面下で少しづつ進行し、自分では気づきにくいものです。「なんとなく老けた」の正体は、もしかしたらたるみの進行のせいかもしれません。

「たるみ」は、シミやシワと違ってメイクで隠せず、ごまかしにくいものです。

美容家の筆者が、どのくらいたるみが進行しているのかがわかる「たるみ度セルフチェック」をご紹介します。まずは、手鏡を用意してくださいね。

■「たるみ度セルフチェック」のやり方

(1)身分証チェック

手元に過去の免許証やパスポートがある人は、ぜひ現在の顔と見比べてチェックしてください。身分証の写真は顔を出して正面から写すので、たるみの変化がわかりやすくなっています。

体重の変化がさほどないのに顔が丸くなっているのは、顔全体のたるみが進行している可能性があります。

チェックポイント

□フェイスラインの位置
□あごの長さ
□鼻下の長さやリップラインの鮮明さ
□口角の上がり方
□ほうれい線の長さや深さ、左右の違い
□小鼻の大きさ
□頬の幅
□目のくま
□目のぱっちり度
□目尻や眉尻の角度

5年前、10年前の写真が残っている人は、お顔の変化をしっかり見つめてみてください。

(2)頬の筋肉・口角のたるみチェック

顔を鏡に映して唇をしまい、頬の力だけで口角を引き上げます。

頬や口角周りの筋肉が衰えていると、口角がうまく上がりません。それを放置すると、どんどん口角の下がった不機嫌顔になってしまうでしょう。

普段から事務仕事などであまり表情を動かさない人は、特に注意が必要です。たくさん笑ったり、笑った顔を鏡の前でつくったりして、トレーニングを始めましょう。

(3)目元のシワの進行度チェック

「目元」は、一番早く老化が進むといわれている部位です。

はじめに、少しわざとらしいくらいの満面の笑みをつくり10秒キープしてください。表情を真顔に戻してからも目元にシワが残るようなら、肌のハリ弾力が失われつつあり、今後シワが深くなってくる可能性があります

保湿に加えて、ハリと弾力を与えるアイクリームの使用をおすすめします。

(4)顔全体のたるみ度チェック

手鏡を持ち、正面から見た顔が現在の顔です。

そして、手鏡をもったまま真上を向いてください。少し若返った状態になりませんか?

この時の「おでこのシワ」「目元のたるみ」「頬の毛穴のサイズ感」「ほうれい線の深さや長さ」「フェイスライン」「二重アゴの変化」を覚えておいてください。

そのまま手鏡を持って真下を向くと、5年後の顔があらわれるといわれています。顔全体のハリと弾力がなくなり、たるみが進行している人ほど、顔の変化があります。

先ほど覚えておいた項目と比べて、変化をしっかり見つめてください。スマホでの撮影などもおすすめです。

気づかないうちに進行してしまうたるみだからこそ、ケアの第一歩は自分の現実を知るところからはじめたいものです。ショックだったところや気になるところ、進行度の早いところから優先してケアをしましょう。

何歳からでも、お手入れをすれば肌は応えてくれるはずです。丁寧にケアをしながら年齢を重ねていきましょう。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美
自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。)

【関連記事】
カバー力抜群!透明感キープに◎な「シミ隠しテクニック」
・老け見えシワの元!「目元の乾燥」が加速するNG習慣4つ
・「首のシワ」を予防!今すぐ始めたい「首シワ対策」3つ
・たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ