腱鞘炎で画風を大幅変更 それでもガンダム漫画家が描き続ける理由

ざっくり言うと

  • 「ガンダム」漫画家の太田垣康男氏は、2018年末から画風を大幅に変更した
  • 腱鞘炎によって緻密な描写ができなくなったためだが、絵を描くことは継続
  • 太田垣氏は、手が使えないからと表現活動をやめるのはバカらしい、と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング