ダウンタウン・浜田雅功【写真:編集部】

写真拡大

 ダウンタウン浜田雅功が、26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、若手時代について振り返った。

 この日のゲストは萩原聖人。木村拓哉とのW主演ドラマ『若者のすべて』(同系)の現場では、木村と直接的な言い合いはなかったが、お互い対抗心を燃やし、バチバチだったと振り返った。

 ここで坂上忍がダウンタウンに「若いときはバチバチじゃなかった?」と質問。周囲や共演者に厳しかったか聞くと、松本人志は「浜田さんは怖かった」と回顧。続けて「こいつ、全員の芸能人の頭ド突くんだなって……」と、会ったタレントの頭を叩いてツッコミを入れていたと語った。

 すると浜田は「多分、俺らのこと誰も知らんから、まずこっちに目を向けさせるためにやってたと思う」と説明。だが松本は、「そこまでするヤツのボケのほう、どんだけおもろいねん」と、日々プレッシャーだったと語っていた。