同じ会社なのに不公平!?GW10連休が「社内分断化」をもたらす理由

写真拡大

 もういくつ寝るとゴールデンウィーク

 平成から令和にまたがる今年の黄金週間は、空前絶後の10連休とあって、家族や仲間との遠出など楽しい計画を立てていらっしゃる方々も多いことでしょう。

 しかし、飲食や観光などのサービス業はむしろ多忙をきわめる期間になりそうです。全社的にかき入れ時ならば業種上、やるしかないわけですが、部署によって10連休出来る部署もあれば、むしろ繁忙期になる部署もあり、「これで給料一緒ってどういうこと!?」と不満が渦巻く会社も多い模様です。GW10連休が原因で「社内分断」が進んでしまったマスコミ某社の現状をレポートします。

某新聞社の広告セクションの場合


 Aさん(35)は某新聞社の広告セクションで営業職を務めています。新聞社というと「シゴト、不規則で大変だね」と心配されがちですが、休日はカレンダー通りだし、勤務時間は午前10時から午後6時まで。営業先の広告会社やクライアントの宣伝部が土日祝をきちんと休みますので、それに合わせて休暇を取るのは当然といえば当然です。

 たまに広告主のイベント絡みで休日出勤することもありますが、今回の10連休はバッチリ休めそうです。ランチタイムに社員食堂で一緒になった編集セクションの同期社員からは「10連休、取れんの!?」と驚かれる始末。「でも、経費面でも編集は営業より、何かと恵まれていますからね。休みぐらいきちんと取れなきゃ、このメディア不況のご時世、やってられませんよ。10日間、ダラダラ過ごしたいと思います」と語ってくれました。

・合わせて読みたい→
職場に嫌いな人がいてストレス…対処法は?(https://cocokara-next.com/stress/stress-in-the-workplace/)

編集セクションの場合

 一方、編集セクションのBさん(34)は「これで給料が一緒って納得いきませんよ」と怒りを露わにします。例えば5月の土日祝は12日間あるわけですが、「フツーに休みは8日しかありませんよ。営業のヤツらばっか、楽しやがって」と怒り心頭です。

 10連休の期間中、出張しようとすれば新幹線も航空機も満席。ビジホも満室で宿泊費は高騰しており「カプセルホテルに泊まらざるを得ないかも」と嘆くばかり。「仕事はやり甲斐があるから」と、これまでは不規則な勤務も肯定的に捉えていましたが、「さすがに家族からも『社内でそんなに差があるのはおかしい』と不満が出ています」とため息が漏れました。

 そんな中、Aさんは「むしろ働いている方がお金も遣わないし、家族と適度な距離を取っている方が、ケンカもせずに良いのでは」とBさん側のメリットを強調していました。

 隣の芝生は青く見えるもの。仕事する人も休む人も、心と体が充実した10日間を送れるよう、祈るばかりです。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]