証拠隠滅の恐れを認定 ゴーン被告の保釈に検察「刑事司法崩壊する」

ざっくり言うと

  • 東京地裁は証拠隠滅の恐れを認めながら、ゴーン被告の保釈を決定した
  • 検察側の幹部は「これが許されるなら日本の刑事司法は崩壊する」と猛反発
  • ゴーン被告は1月上旬までに、実際に証拠隠滅を図ったとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング