ゴーン被告が保釈へ 妻と会うには許可が必要との条件

ざっくり言うと

  • 東京地裁は25日午前、カルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定をした
  • 保釈にあたっては、国内の決められた場所での居住などの条件が定められた
  • 妻との接触禁止も含まれており、妻と会うには裁判所の許可が必要だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング