圧倒的な人気を誇った原悦子

写真拡大

 製作終了から31年。男たちを魅了した日活ロマンポルノの女優たちはスクリーンから去った後、どんな人生を歩んだのか──。ロマンポルノにおいて初めて現われたアイドル女優が、愛らしい顔立ちの原悦子だ。

「もともとはモデルをやっていました。ただ、私は女優志望だったので、事務所からピンク映画の話が来たんです。びっくりはしたけど、女優でやっていくんだから裸になることも受け止めようと」

 デビューは日活ではなく、別会社のピンク映画だった。ここで40本ほど出演して人気が出たため、日活からスカウトされる。

「私の出演作は独立系の映画会社なのにお客様で満杯。ところが日活は低迷期に入っていてガラガラでした」

 そしてロマンポルノにおける原悦子の人気は爆発する。ファンクラブ会員は76万人、サイン会は日本武道館、という規格外のスケールを誇った。ナースや女子高生、若妻などを主に演じた。ソフト路線ではあったものの、18歳未満は劇場に入れない。そこで原は、日活に異例のお願いをした。

「中高生のファンのために、一般作として公開してもらったのが『おさな妻』(1980年)です。ようやくスクリーンの私を見ることができた若いファンの人に喜んでもらえて、私にとっても思い出深い作品です」

 だが、その直後に「海外輸出向けに、ハードコア作品に出てほしい」との申し出を受け、それではファンを裏切ってしまうと思い、1980年に引退した。そして第二の人生に選んだのは、なんと「ミニコミ誌の編集長」だった。

「大学生の方々にたくさん応援していただいて、その恩返しをと思ったんです。それで大学生の生活に便利な情報を発信する『カレッジ・コミュニティ』というミニコミ誌を、かれこれ28年ほど発行し続けたんですよ。編集長と言っても、私は雑用とかイラストを描いたりしたくらいですけど、大学の図書館などに置いてもらえて、少しは恩返しになったかなと思います」

 2011年に同誌を休刊してからは、趣味のテニスを楽しむなどマイペースな毎日。ちなみに、今も独身のままである。

「女優の時から私はガードが固いんです。自分の生活のリズムが大事なので、仕事が終わったらどこにも寄り道せず、まっすぐ家に帰るという毎日。極端な話、カラミは撮影の中だけで、みたいな生活でしたよ(笑い)」

 還暦を過ぎて、健康の秘訣は「生姜茶」だそうである。

【プロフィール】はら・えつこ/1956年4月1日、新潟県生まれ。1976年に『平凡パンチ』でグラビアデビューし、同年に大蔵映画のピンク映画に出演。間もなくロマンポルノに活動の場を移すと、圧倒的な人気を獲得。1980年にロマンポルノを引退し、以降はミニコミ誌発行に専念した。

取材・文■石田伸也 撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2019年5月3・10日号