3回戦進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

フリッツを下して3回戦進出、第1セットのリターンエースに脚光

 男子テニスのバルセロナ・オープンは23日、シングルス2回戦で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)が同58位のテーラー・フリッツ(米国)を7-5、6-2のストレートで下し、3回戦進出を決めた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は第1セットにバックハンドでのダウンザラインを鋭く叩き込むシーンを動画で公開。「完全なる弾丸」と拍手を送っている。

 ようやく強い錦織が帰ってきた。ストレートで21歳の新鋭を下し、3大会ぶりに初戦を突破。見せ場は第1セットの第3ゲームだ。相手のサービスに対し、錦織はバックハンドで強烈なダウンザラインを決めた。

 見事なリターンエースを「テニスTV」公式ツイッターは動画付きで公開。「バックハンドからの完全なる弾丸」と称賛したスーパーショットだった。過去2度優勝している相性の良いバルセロナの舞台で、復活の足掛かりを作る。(THE ANSWER編集部)