日本版ポスターも完成!

写真拡大

 クエンティン・タランティーノ監督の9作目の長編となる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の日本公開日が、8月30日に決定。あわせて、日本版ポスターと場面写真がお披露目された。

 本作の舞台は、1969年の米ロサンゼルス。タランティーノが、自身の育った当時のハリウッド、失われてしまったハリウッドという黄金時代の最後の瞬間を、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆した。15年の「ヘイトフル・エイト」から4年ぶりの新作となり、タランティーノの過去作「ジャンゴ 繋がれざる者」(12)のレオナルド・ディカプリオと、「イングロリアス・バスターズ」(09)のブラッド・ピットという2大スターが共演することで注目を集めている。

 ディカプリオが演じるのは、ハリウッドで再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン。ピットは、長年ダルトンのスタントマンを務めているクリフ・ブース役で登場し、マーゴット・ロビーが当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役として出演する。

 日本版ポスターは、海外版ティザーポスターで使用されたディカプリオとピットが並ぶカットを使用。場面写真は、銃を手にしたブースがトラックの荷台から勢いよく飛び降りる光景、サングラスをかけたブースの姿をとらえている。

 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、8月30日から全国公開。