英領北アイルランド・ロンドンデリーのクレガン地区で、記者のライラ・マッキーさんが撃たれて死亡した現場に置かれた花束など(2019年4月19日撮影)。(c)Paul Faith / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英領北アイルランドで暴動の取材をしていた女性記者、ライラ・マッキー(Lyra McKee)さん(29)が撃たれ死亡した事件で、カトリック系武装組織「新IRA(New IRA)」は23日、現地紙にマッキーさんの死に関する責任を認め、謝罪する声明文を発表した。

 現地紙アイリッシュ・ニュース(Irish News)が掲載した声明の中で新IRAは、「ライラ・マッキー氏の死を受け、パートナーや家族、友人たちに心から深く謝罪する」と述べた。

 新IRAは、北アイルランドとアイルランドの統合を求めるアイルランド共和軍(IRA)が非武装路線に転換したことに反発しているグループ。同紙によると、声明の文言は、IRAの声明文でよく知られているものだという。

 マッキーさんは18日夜、北アイルランド第2の都市、ロンドンデリー(Londonderry)のクレガン(Creggan)地区で、アイルランド統一派と警察が衝突した際、頭を撃たれて死亡した。

 新IRAはマッキーさんの死に関する責任を認める一方で、マッキーさんは「敵に対する攻撃を仕掛けている最中、敵部隊の傍らにいたために悲劇的な死を遂げた」として、自分たちの行為を正当化した。また、マッキーさんの死を招く結果となった暴動を誘発したのは警察だとして非難した。

【翻訳編集】AFPBB News