インテリのベイデンホップ(C)ロイター

写真拡大

 22日、NPBが昨季引退、あるいは戦力外となった日本人選手136人の進路調査結果を発表した。調査によると、育成契約や他球団との契約、コーチ、球団職員、スタッフなど、NPBに再就職した者は最多の75人。独立リーグや社会人野球、学生野球の指導者などを含めて、全体の76.5%に上る104人が野球にかかわる仕事を選んでいる。これは比率でいえば、過去最多だという。

ブログ炎上に思う…イチロー引退に水を差した真犯人は誰か

 一方、一般企業など、野球以外の職種についた者は過去最低の23.5%、32人だった。

 プロ野球選手は、学生時代から野球漬けの日々を送り、結果的に野球しか知らないという選手が多い。自発的に勉強でもしなければなおさら。再就職でも野球にしがみつかざるを得ないのが現実だ。

 では、野球の本場であるメジャーはどうか。スポーツライターの友成那智氏は「MLBはNPBのような進路調査結果は出してない」と、前置きしてこう言う。

「少なくとも、球界への再就職に偏る日本のような数字になることはない。一番多いのは一般企業。いま、メジャー選手のおよそ5割は大卒選手なので、ウォール街に転身した者も少なくない。元阪神のバースのように、実家の農場を継ぐパターンもある。変わり種でいえば、マーリンズやレッドソックスなどで活躍したリリーフのベイデンホップ(現ダイヤモンドバックスGM特別補佐)。父親が高名な心臓内科医で、自身も経済学部出身のインテリ。引退後は製薬会社に勤めた経験もある」

 必ずしも野球界にしがみついているわけではないというのだ。