オリックス時代のイチロー(時事通信フォト)

写真拡大

 平成4年(1992年)にドラフト4位でオリックス入団してプロ入り、平成13年からメジャーリーグへ活躍の場を移し、平成31年3月21日に現役引退を表明したイチローは、間違いなく平成を代表するアスリートの一人だろう。元オリックスコーチで二軍コーチ時代に「振り子打法」をイチローとともに考案した河村健一郎氏が、イチローと過ごした当時を振り返った。

【写真】イチローを指導した河村健一郎氏

 * * *
 入団間もないイチローが当時の土井正三・一軍監督や山内一弘・一軍打撃コーチらから散々言われたのは、「これでは打てない。ゴロを打つダウンスイングに矯正せよ」でした。打撃を頭から否定されたのです。

 確かに当時のイチローは凡フライを繰り返していました。それが周囲にはアッパースイングに映ったようで、だからダウンスイングでゴロを、というわけです。土井監督は「内野ゴロなら捕球と送球の2つの動作になるので、足の速いイチローならセーフになる。しかしフライなら1つの動作で即アウトだ」と言っていました。

 でもプロの内野の守備率は9割8分もあるんです。たった2%の確率のために、今まで練習してきたバッティングフォームを変える必要があるのか──それに当時のイチローと私の間では、内野ゴロこそが打ち損じで、逆に凡フライはOKという考え方があったのです。

 当時、イチローにはバットの内側に当ててセンターから左方向を意識して打たせていました。理想の打球方向である、ショートの頭を越えるライナーを打つためです。ただ高校を卒業したばかりの彼にはまだ基礎体力がなく、スピードボールには差し込まれて凡フライになっていました。でもライナーと凡フライは紙一重なんですよ。タイミング的には合っているから、筋力・体力がつけば必ずヒットになると信じて練習を重ねました。

 当時の一軍首脳からは、後に一世を風靡する「振り子打法」(これはマスコミに命名されたもので、イチローと私の間では「一本足打法」だと考えていました)も批判されましたね。右足を踏み込んで体重移動すると、軸がぶれるからダメだと。確かに並の打者だと、頭が前に出て体が泳ぎやすくなり、球を捉えにくくなります。ただイチローの場合は、右足に合わせて左足も同じようにずらすことができ、頭と両足が作る二等辺三角形が崩れないので軸がぶれない。それにいろんなタイミングで打つことができる天才的な感性がありましたから、彼の能力からすれば非常に理に適ったフォームだったのです。

 イチローも私も「今の打ち方で通用する」という確信がありました。だからイチローには土井監督らの意見を伝えたうえで、2人で話し合って、打撃、そしてフォーム矯正の受け入れを拒否することを決めました。

 ただこれができたのもイチローに強い信念があったから。並の選手なら、やはり試合に出たいからと変更に応じるでしょう。でも、もしこの時にフォームを変えていたら、プロ野球初となるシーズン200本安打はもちろん、メジャーでの活躍や、WBC韓国戦でのあの劇的な一打もなかったかもしれません。彼に頑固さがなければ歴史が変わっていたと考えると、背筋が寒くなります。

●取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2019年5月3・10日号