フリーアナウンサーの赤江珠緒(44)が22日、TBSラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・00)に生出演。写真週刊誌「FRIDAY」に掲載された、お笑い芸人の博多大吉(48)との“お花見デート写真”について釈明した。

 赤江アナは「芝生の上では誰とでも寝る女」と自虐的に自己紹介。月曜日のパートナーを務めるカンニング竹山(48)に「バカだね〜」とイジられ、「すみません。まさかこんな大きなことになるとは…。芝生以外では全く寝ていないんです」と不倫関係は完全否定した。

 「“芝生のベッド”に誘ったのは私」と赤江アナが大吉をお花見に誘ったことも告白。「大吉先生とお昼ご飯を食べて、次の仕事まで時間が空いてた。桜も満開だったんで『せっかくだから桜でも見て時間をつぶして解散しましょうよ』って私が言っちゃったんです」と経緯を説明した。

 “デート写真”の真相について赤裸々に語る赤江アナだったが「いろいろなところからご意見をいただき、私が本当にうかつで馬鹿だった。お互いの配偶者の気持ちを考えた時に、これはいかんわと思った」と反省の弁も述べていた。