iPhone XR/XSシリーズの売れ行きが芳しくなく、気がつけばiPhone 6s/7/8シリーズが現役で併売されている昨今、Appleが思いも寄らない策に打って出ることが報じられています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleは2020年3月に「低価格版iPhone」とでも呼ぶべきモデルを発売する可能性があるそうです。
これは部品メーカー関係者などが明かしたもので、Appleが型落ち機種でカバーする形となっているミドルレンジ層を意識したもの。
低価格版iPhoneはiPhone 8の筐体をベースにしたもので、4.7インチ、5インチ、5.5インチモデルがラインナップされ、Apple A13プロセッサに128GBストレージ、シングルカメラを搭載。うち1機種のみ有機ELを備え、気になる価格は4.7インチモデルが649ドルとされています。
なお、新しいiPhone 8の生産台数は2000万台規模になるとされており、Pegatronが製造を担当するとのこと。
Appleは3月に筐体そのままでプロセッサなどを刷新した低価格な「iPad Air」や「iPad mini」を発表。

もしiPhone 8をベースに中身をリファインした低価格iPhoneをリリースすることになっても、特に違和感はありません。
コメントを見る

【「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新】を全て見る