19日、東京・豊島区の路上で飯塚幸三さん(87)が運転する車が暴走し、歩行者や自転車を次々にはねてゴミ収集車に衝突。3歳の女の子と31歳の母親が犠牲になり、8人が重軽傷を負う死傷事故が発生した。

 警視庁によると事故は四カ所で発生。飯塚さんが運転する車は亡くなった親子が巻き込まれた現場から数百メートル手前の左カーブでガードレールと接触。男性を交差点ではねた後、さらにスピードを上げて自転車をはね、左から交差点に侵入してきたゴミ収集車と衝突した。

 
 亡くなった親子がはねられた瞬間を目撃した人は「結構激しくぶつかって、自転車の人もまったく動かない状態だったので心配だった」と事故の衝撃の大きさを振り返る一方、事故を起こした飯塚さんの様子については「赤信号で交差点に進入して、(自転車をはねた後)そのままノーブレーキであっちまで行っちゃったので、おかしいなと思って見ていた。事故を起こしたことを自覚していなかったのでは」と話した。

 また別の目撃者は「交差点に進入した飯塚さんの運転する車がぶつかった衝撃で回転して次々に歩行者を巻き込んだ。横断歩道の手前側に3人、向こう側にサラリーマン風の人が2人倒れていた」と当時の状況を説明した。

 現場にはブレーキ痕がなく、ドライブレコーダーの映像などから飯塚さんはアクセルを踏み続けた状態で約150メートル走行したとみられている。なお飯塚さんが事故後に「アクセルが戻らなくなった」と証言しているが、車の不具合は確認されていない。
 80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は年々増加しており、去年1年間では252件(警察庁発表)。9年連続で200件を超える結果になっていて、早急な対策が待たれている。一夜明けた昨日、事故現場では亡くなった親子のために花や飲み物を供える人の姿が後を絶たず、献花に訪れた同世代の女性は「子どもの未来をずっと見つめていきたいときに本当に無念しかない。ご家族の気持ちを思うと胸が痛いし、とても他人事とは思えません」と言葉を詰まらせた。警視庁は過失運転致死傷の疑いがあるとみて調べを進めている。

 元長野県知事で作家の田中康夫氏(63)は「暴言を吐きます」と神妙な面持ちでこの問題について切り出すと「今は匿名になったが、事故当初は犠牲になられた方の名前が出ていた。一方、事故を起こしたご自身は入院中なので、おそらくまだ逮捕されていないだろうが、事故直後に息子さんに電話をして報告しており、SNSのアカウントがすでに削除されている。今の世の中、元霞が関官僚(通商産業省の工業技術院長)だったということで忖度もあるかもしれないが、ぜひそうではない形をとっていただきたい。そういうことが積み重なると、報道って何だろう? 正義って何だろう? となってしまう」と強く訴えた。
 その一方、地域ごとの交通事情、さらに車の必要性には理解を示した田中氏は「ヨーロッパにおいてはマニュアル車が9割だが、日本とアメリカはオートマ車が9割。マニュアル車の場合は気が動転したらエンストして車が停車するので、ある程度の年齢に達した高齢者はマニュアル車限定にするなどしなければ、同じ悲劇は繰り返される」と話し、この問題の対応策についても言及した。

 するとジャーナリストの大谷昭宏氏(73)は、社会と高齢者という観点から次のように続けた。

「みなさんちょっとお年寄りに優しすぎると思うんですよ。失礼な言い方になりますが、87歳ということで大変な共済年金(国家公務員や地方公務員が加入する公的年金)をもらっていると思うので生活に困るわけじゃない。『だけど私は運転したい』ということだが、東京には地下鉄もあればバスもある。24時間タクシーだって動いているのだから、都会に住んでいる高齢者は運転免許証を返上してください。あちこちの都市ではお年寄りに公共交通機関で使用できるパスを渡している。それは受け取ります、でも車に乗りたい人は周囲にいくら言われても乗ります。それではあまりにも独善的すぎる。お互いに遠慮するという流れを社会の中で作っていかなければいけない」

 その一方で大谷氏は、公共交通機関が都市部より整備されていない地方に関しては「24時間動いているタクシーは限られているので、病院に行く場合は、視力などの低下を考慮して昼間だけで高速使用を禁止する限定免許のようなものを渡す必要はあるだろう」と現実的かつ具体的な提案も忘れなかった。
 2006年から2016年に75歳以上の高齢ドライバーが関係した死亡事故の推移は、年間400件から500件の間を推移しているが、全体に占める割合でみると、2006年には8%ほどだった割合は右肩上がりで増え続けており、2016年にはおよそ15%に迫る勢いだ。2018年に限っては、死亡事故を起こした75歳以上のドライバーは前年比で42人増えて460人。その原因についてはブレーキとアクセルの踏み間違いが最も多く、操作の不適が約30%に及んでいる。

 最後に大谷氏は「かつて日本には1万件以上の交通死亡事故があり交通戦争という名前までついていた。しかし警察や自治体が必死に努力をして、3000件を切るところまで減少した。にもかかわらず、400件から500件もお年寄りが事故を起こしている。何のために努力をしているのか」と苦言を呈すと、「高齢者でも自ら返納しようという人は事故を起こさない。返納しない人が事故を起こす」と千原ジュニア。すると大谷氏は「(返納)しました」と笑顔で応じていた。(AbemaTV『Abema的ニュースショーより』)

(C)AbemaTV

【見逃し視聴】

池袋暴走事故、大谷昭宏氏「お年寄りに優しすぎる。パスも受け取り、車も乗りますは独善的だ」

 「生まれる可能性は99%ない」と宣告された“体重20kg”の女性が出産 夫婦で乗り越えた葛藤と母子生命の危機

 湯布院の“混浴”投稿が炎上の是非 元セクシー女優「被害者意識を持っている人こそ、男女差別意識が強く考え方が単眼的」

 4人に1人がセックス未経験 増え続ける高齢処女で女性向け性サービスが活況