ベトナム南部ホーチミン市郊外のビエンホア空軍基地で、危険警告標識のそばに立つベトナム兵(2018年10月17日撮影、資料写真)。(c)Thomas WATKINS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米国際開発局(USAID)は20日、ベトナムの枯れ葉剤貯蔵施設跡で1億8300万ドル(約205億円)規模の浄化作業を開始した。作業の完了までには10年かかるという。

 枯れ葉剤はベトナム戦争(Vietnam War)で使用されたものだが、数十年がたった今なお、枯れ葉剤が原因とされる深刻な先天性欠損やがん、障害を抱える人が大勢いる。

 浄化作業が始まったのは、ベトナム南部ホーチミン(Ho Chi Minh)郊外にあるビエンホア(Bien Hoa)空軍基地。ビエンホアでは、40年以上前のベトナム戦争終結間際の撤収作業中にダイオキシンが基地から地下水や川へ漏出し、ベトナム人が数世代にわたって抱えている深刻な精神および身体障害に関連しているとされている。

 USAIDによると、50万立方メートル以上のダイオキシンによって土壌と堆積物が汚染されたビエンホア空軍基地は、ベトナムに残るダイオキシン汚染の「ホットスポット」としては最大規模のものになっている。昨年11月に完了したダナン(Danang)空港の浄化には、6年の歳月と1億1000万ドル(約123億円)の費用がかかったが、ビエンホアのダイオキシン量はダナンで浄化された量の4倍に上り、完了までには10年かかるという。

 米軍は1962〜1971年、南ベトナム解放民族戦線、通称ベトコン(Viet Cong)のゲリラが身を隠す木や食料を奪い、一掃しようと、ベトナム南部に8000万リットルの枯れ葉剤を散布した。ベトナム政府によると、最大300万人のベトナム人が枯れ葉剤にさらされ、今も先天性欠損を抱える子ども15万人を含む100万人が健康への深刻な影響を受けている。

 ベトナム人被害者たちは、米国に補償を求める活動を行ってきたが、成果はほとんど上がらなかった。米連邦最高裁判所が2009年に訴えを却下したほか、米政府も枯れ葉剤の製造者も責任を認めていない。

 米当局はこれまで枯れ葉剤と先天性欠損症の直接の関連を認めてこなかったが、USAIDは20日、ベトナム7省の障害者の生活改善を目指して政府機関と活動していく「趣意書」を出した。

【翻訳編集】AFPBB News