ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

【今週グサッときた名言珍言】

主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

「俺、一生懸命、心の底からしゃべっても、若干うさんくさいってよく言われるんですよ」(風間俊介/TBS「マツコの知らない世界」4月9日放送)

 ◇  ◇  ◇

 マツコ・デラックスに「真性変態」と言われるほど東京ディズニーシーを偏愛する風間俊介(35)。その魅力をひとしきり語った後、こぼした言葉を今週は取り上げたい。それを聞いてマツコは「うん、すごいうさんくさい。でも、ここまでうさんくさいといいんだって」と返した。

 風間は自ら「ウチの事務所の亜種」(NHK「ドラマチック・アクターズ・ファイル2012」12年10月2日)と語るように、ジャニーズ事務所所属のアイドルとして異端の道を進んでいる。CDデビューすることはなく、ジャニーズアイドルが一堂に会する「カウントダウンコンサート」にもほとんど呼ばれることはない。

 いまや“本職”といえる俳優業でも独特で、「狂気」を宿した人を演じることが多い。「いままで僕、芝居上だったら前科27犯ぐらいあるんです」(フジテレビ「ホンマでっか!?TV」16年1月20日)とうそぶく。彼が普通のいい人の役で登場しても、この後、どこかで変貌するんじゃないかと思ってしまうほどだ。

 彼がもともと、最初に注目されたのは、99〜00年放送の「3年B組金八先生」(TBS)の第5シリーズだった。クラスのイジメを陰で操る兼末健次郎を演じ、強烈なインパクトを残した。自分に向いている仕事を見つけたと思った風間だが、あまりにその印象が強かったからか、しばらくテレビドラマで目立った活躍はなく、舞台中心に活動していた。

 そして06年の深夜ドラマ「アキハバラ@DEEP」(同)の主演を経て、ゴールデン・プライムタイムの連続ドラマのメインキャストに約10年ぶりに戻ってきたのが、11年の「それでも、生きてゆく」(フジテレビ)だった。そこで彼はサイコパスの殺人犯を演じ、再び強烈なインパクトを視聴者に与えたのだ。

 彼はある人に「おまえは脇(役)で殉じたいって口では言ってるし、本人も思ってんのかもしんない。けどおまえは本質は、それを支えてるフリをして、そいつらより前に立ってやるって思ってるヤツだ」と言われたことがあるという(フジテレビ「ボクらの時代」16年1月31日)。その強い野心が彼の狂気の演技を支えている。

「『ジャニーズだってことを忘れてた』って言ってもらえるのは、がんばってきた証しじゃないけれども、褒め言葉」(同前)

 ジャニーズらしからぬ“違和感”こそ、風間俊介の大きな魅力だ。

「腹の中、真っ黒なんです。こんなに真っ黒だと光るんですねってくらい真っ黒」(TBS「A―Studio」13年4月19日)

 その“違和感”と腹の中に抱えた闇がうさんくささを生んでいる。けれど、それは真っ黒く、唯一無二の輝きを放っている。

(てれびのスキマ 戸部田誠/ライタ―)