ベトナム ハノイの街並み


 コンビニや飲食店で働く外国人の姿が珍しくなくなった。単純労働のアルバイトは、もはや彼らなしでは勤務シフトが回らないのが実情だ。外国人労働者問題の現場を長年にわたって取材してきた出井康博氏が、外国人留学生の知られざる実態に迫る。前回は、「夢はコンビニでのアルバイト」と語るベトナム人留学生タン君が日本へやってきた背景について紹介した。後編では変わりつつある留学事情をお伝えする。(JBpress)

(※)本稿は『移民クライシス』(出井康博著、角川新書)の一部を抜粋・再編集したものです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

でっち上げの書類でビザを取得

(前回)夢は「コンビニ」のバイト、外国人留学生のウラ事情
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56143

 タン君のように留学費用を借金に頼る外国人は、本来は留学ビザの発給対象にはならない。留学ビザは、母国からの仕送りが望めるか、もしくは奨学金を受け取るなどして、アルバイトなしで日本での生活を送れる外国人に限って発給されるのが建前だ。

 しかし、その原則を守っていれば留学生は増えない。そこで日本政府は、留学のための経費支弁能力を有さない外国人にまでビザを発給している。そのカラクリはこうだ。

 途上国の留学希望者には、自らの経済力を示すため、親の年収や銀行預金残高などの証明書の提出が求められる。留学ビザ取得に必要な額は明らかになってはいないが、年収、預金残高とも、日本円で最低でも200万円程度が必要となる。

 途上国の人にとっては、よほどの富裕層でなければクリアできないハードルだ。そこで彼らに留学を斡旋するブローカーが、でっち上げの年収や預金残高の記載された証明書を準備する。

 ベトナムのような新興国では、行政機関や銀行であろうと賄賂(わいろ)さえ払えば、でっち上げの数字が並ぶ“本物”の証明書は簡単に手に入る。そうして準備された書類を日本側が受け入れ、留学を認めているのだ。ビザを審査する法務省入国管理当局、そして在外公館も「数字の捏造(ねつぞう)」をわかってのことである。

 でっち上げ書類の準備は、留学生個人では難しい。そこにブローカーが介在する余地が生まれる。留学生から手数料を取り、留学ビザに十分な書類を揃えるわけだ。タン君もそうやってビザを得た。

 書類には親の年収と預金残高として、それぞれ日本円で300万円近い額が記され、行政機関と銀行の捺印があった。だが、タン君に驚きはなかった。誰もがそうして日本へ「留学」していると知っていたからだ。

「ワタシの書類はすべて嘘ばっかりですよ」

 タン君はそう言い、屈託なく笑い飛ばす。彼がビザ申請時に日本側に提出した履歴書には、兵役に行った事実すら載っていない。その間は、ベトナムの専門学校に在籍していたことになっている。そして卒業後は、ハノイの民間企業で、電気関係の仕事をしていたとある。ビザ取得がスムーズにいくように、ブローカーが彼の経歴までもでっち上げたのだ。

背後で暗躍する日本人たち

 こうしたブローカービジネスには、直接もしくは間接的に必ず日本人が関わっている。ハノイでの取材中にこんなことがあった。私は街にある1泊3000円程度の中級ホテルに滞在していた。そのホテルで夕方、1階のソファに座っていると、日本語の話し声が聞こえてきた。ロビーから吹き抜けになった2階のカフェテラスにいる客のものだった。声の主は日本人男性である。

「ベトナムでITを専攻した学生なら、日本に行けばすぐに就職できる」 「日本の会社を買いたいというベトナム人はいないか。300万円くらい出せば買える会社はある。日本の会社を買って子会社にすれば、ベトナムから人をどんどん送り込める」

 男性の勢いに圧倒されながら、一緒にいるベトナム人青年がたまに日本語で短い質問を投げかけている。カフェテラスに他に客はおらず、2人の会話はロビーまで鮮明に届いた。出稼ぎ送り出しの“抜け道”を指南している日本人は日本側で受け入れを、ベトナム人は現地で送り出しを担うブローカーのようだった。

 2人の会話に私は30分以上も聞き入っていた。そうしていると、ホテルの玄関から入ったベトナム人の若者が、私に向かってスマートフォンを差し出してきた。その画面には、日本人の名前と写真が載っていた。若者はベトナムで最も普及している配車サービス「グラブ」の運転手で、私を客と勘違いしたようだった。

 数分後、先ほどまでカフェテリアで話し込んでいた2人がロビーに現れた。日本人男性がスマホで車を手配していたのである。2人が車に乗り込んだのを確認した後、私はすぐに先ほどスマートフォンの画面に載っていた男の名前を、ネットで検索してみた。すると東京都内で留学生支援のNPO(非営利団体)を運営する人物の名前がヒットした。どうやら車に乗り込んでいった男に間違いなさそうだ。

 NPOのホームページを見ると、「国際協力」を強調したうえで、留学生の住居やアルバイトの紹介、さらには「心のケア」までしているとある。先ほどカフェテリアで交わされていた生々しい話とはずいぶん違う。こうした日本人が現地の業者と結びつき、ベトナム人たちを日本へと送り込む。

 ときには業者に悪知恵を授け、送り込んだベトナム人たちに住居やアルバイト、さらには就職の斡旋までして金を稼ぐ。出稼ぎ労働者の送り出しは、現地のベトナム人だけでは行えないビジネスなのである。

 ハノイには、数校の日本語学校を経営して「1億円以上を稼いだ」と周囲に豪語しているような日本人も存在する。留学希望者を日本へ送るため、でっち上げの書類をつくり、多額の手数料を取ってのことだ。また、留学生や実習生の送り出し会社を経営する日本人には、反社会勢力と関係の深い人物もいる。

韓国より日本が人気だが・・・

 ベトナムで現地取材する前には、出稼ぎ先として韓国の人気が高まっていると聞いていた。韓国は「雇用許可制」という制度のもと、ベトナムなど5カ国から外国人労働者を受け入れている。

 雇用許可制にも日本の実習制度と同様、就労期間の上限がある。実習制度は5年だが、雇用許可制は10年と長い。韓国政府が送り出し国と協定を結び、毎年の受け入れ数を決めている点も日本とは違う。また、政府間のやりとりなので、少なくとも建前上はブローカーの介在が排除される。

 韓国政府がベトナムに割り当てた労働者の受け入れ数は、2018年は7900人だった。雇用許可制を使い、韓国で働くベトナム人労働者は同6月時点で約4万5000人だ。一方、日本には、実習生と留学生で24万人以上のベトナム人がいる。技人国ビザ(滞在資格「技術・人文知識・国際業務」)を得たベトナム人を含めれば、その数は27万人を超える。つまり、韓国の6倍ものベトナム人が日本で働いているわけだ。

「韓国よりも、日本の方がずっと人気が高い」

 私がベトナムで取材した斡旋ブローカーたちも、そう口を揃えていた。実習制度と雇用許可制を比べると、手取り賃金には大きな差ない。だとすれば、ブローカーが排除され、借金をして手数料を工面する必要のない韓国をベトナム人は選ぶはずだ。しかし現実には、ベトナム側のブローカーは排除されていない。雇用許可制で韓国に行く場合も、やはりブローカーへの手数料は発生する。

 違いは「帰国後」の進路である。韓国で働き、韓国語を覚えたとしても、ベトナムに戻って役立つ仕事はなかなか見つからない。その点、ベトナムには日系企業が多く、実習生の経験を活かせるのではないかと考える。留学生の場合も同様に、日本で就職できなくても、ベトナムに戻ってから日系企業で働くことを思い描く。

 現実には日系企業への就職も簡単ではないが、ベトナム人たちは甘い夢を見てしまうのだ。加えていえば、日本という国のブランド力は、ベトナムにおいて韓国の比ではない。たとえば、ハノイでは日本語の看板をあちこちで見かける。よくあるのが、化粧品やサプリなど日本製品を売る商店だ。

 コンビニに入れば、日本製「コカ・コーラ」のミニ缶に、ベトナム製普通サイズの2倍の値段がついている。 私が入った日本の雑貨などを扱う店では、20〜30年前のものと思しき中古の扇風機が1万円で売られてもいた。日本の粗大ゴミを留学生が持ち帰り、ベトナムまで運んだのであろう。

 日本では値段もつかない代物が「日本製」というだけで、ベトナムでは貴重品として売買される。それほど日本は、ベトナム人にとって眩しい「ブランド」なのだ。

陰りが見え始めた「日本ブランド」への信仰

『移民クライシス』(出井康博著、角川新書)


 とはいえ、そんな日本ブランドへの信仰がいつまで続くことだろうか。留学生や実習生として来日したベトナム人たちは、本記事の前編で紹介したように、自分たちの抱いた「ジャパニーズドリーム」が幻想に過ぎなかったことに気づく。

 事実、ハノイやホーチミンのような大都市では、日本への出稼ぎ希望者は減っている。「日本」というブランドに、陰りが見え始めているのだ。2000年代まで、日本に断トツの数の出稼ぎ労働者を送り込んでいたのは中国だった。しかし現在、中国人の出稼ぎ希望者は減っている。

 数年前まで介護士や看護師として日本で就労することが人気だったフィリピンでも、やはり希望者は大幅に減った。自国での賃金が大幅に上昇し、日本に出稼ぎに行くメリットが薄らいだからだ。やがてベトナムでも同じことが起きることだろう。そのとき日本は、どこから労働者を受け入れるつもりなのだろうか。

筆者:出井 康博