性犯罪を巡る裁判で相次ぐ無罪判決 故意が認められにくい司法の現実

ざっくり言うと

  • 性犯罪を巡る裁判で、被告の男性の「故意」を否定し、無罪判決が相次いだ
  • 被害者の抵抗を抑え込まないと、故意は認められにくいのが司法の現実だそう
  • 「故意がない行為は罰しない」のが刑法の原則で、法改正すべきだとの指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング