警視庁の23歳の巡査が酒気帯び運転の疑いで書類送検された。3月22日未明、群馬県内で酒を飲んで車を運転した疑いが持たれている。巡査は交差点で赤信号で停止したあと、そのまま30分ほど寝込んでいたという。NHKニュースが報じた。

警視庁は19日、停職6カ月の懲戒処分にし、巡査は辞職したとのこと。

警察官が酒気帯び運転 交差点で寝込む 懲戒処分受け辞職(NHKニュース)