リクシル傘下による資格不正を新たに50棟で確認 前社長の調査妨害も判明

ざっくり言うと

  • リクシル傘下・鈴木シャッターが、検査員の国家資格を不正取得していた問題
  • 調査報告書によると、不正資格での検査が新たに計50棟で確認されたという
  • 不正発覚後の3月に辞任した前社長が調査を妨害したことも判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング