ティラノサウルスの仲間の化石 岩手県の地層から国内初の発見

ざっくり言うと

  • ティラノサウルスの仲間の化石が、岩手県の約9千万年前の地層で発見された
  • 白亜紀後期(1億〜6600万年前)のものとしては国内初の確実な発見だという
  • 上顎の前方の歯とみられる化石は長さ約9mmで、体長は推定で約3mとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング