安田さん夫妻。打ち合わせにて

写真拡大

◆「捕まった本人よりも、家族がいちばん大変でした」

 シリアで人質になり昨年無事に解放されたフリージャーナリストの安田純平さんと、純平さんの妻でヒーリングシンガーの深結(みゅう)さんの話を聞くトークイベント「いのちの話」が4月6日、東京・千駄ヶ谷区民会館で開催された。企画したのは「安田純平さんを救う会」。

 純平さんはまず、深結さんについてこう語った。

「捕まった本人よりも、家族がいちばん大変でした。家族の周囲でなにが起きていたのか。家族がどのような心境に置かれていたのか。外務省やブローカー、メディア、拘束者側からも接触があり、それらをひとりで抱えなければならなかった妻の話を聞いてほしい」

 ゲストとして、医者・作家でイラクやシリアの支援を行っているNGO「JIM-NET」(日本イラク医療支援ネットワーク)の代表を務める鎌田實さんが登壇し、安田夫妻に質問をした。

◆夫の命が危ないと思い、誰にも言えなかった

「一番つらかったことは何ですか」と聞かれると、深結さんは「それが……あまり、覚えていないんです」と切りだした。つらかった経験なので、無意識に忘れようとしているのかもしれない。

「2015年6月の終わりに電話が通じなくなって、一週間つながらなかったので、夫から『いざというときは、連絡するように』と言われていたシリア人に電話したら、連れ去られたという。

 相手を下手に刺激すると夫の命が危ないから、だれにも言えない。信頼している人に相談しても、その人が、また信頼できる人に『誰にも言わないで』としゃべれば、さらに広まってしまう。だから一切しゃべらないと決めたんです。それがつらかった」(深結さん)

◆水面下で動くはずだったのが、外相の記者会見で明るみに

 外務省からもコンタクトがあったが、最初はどう対応していいのかわからず、電話には出なかった。

「東京にいると夫の残像が見えたりしてつらいので、鹿児島の実家に帰り、母親と一緒にいました」(深結さん)

 外務省の人が訪ねてきて「家族の承諾がないと、外務省も動けない」というので「お願いします」と答えたという。

 しかし純平さんが拘束されたことが知れわたるのは、2015年7月10日。岸田外務大臣の記者会見の席だ。テレビ局の記者が、わざわざ大臣に「安田純平氏がシリアで拘束されている件に関して情報はあるのか」と質問してばらしてしまった。水面下で動くはずだったのが、それ以来はブローカーやメディアが深結さんに接触してくるようになる。

◆日本では、家族も「連帯責任」にされる

 純平さんは、15年前にイラクで起きた人質事件を引き合いにだす。

「(人質となった)3人の家族が、政府に対して『申し訳ありません』と、ずっと頭を下げて、お願いしていたそうです。『政府としては(自衛隊撤退に関して)何もできない』と言われ、それに対して家族が声を荒げたところだけを繰り返し流された。

 そこで、家族の『助けてほしいとう』言い方が気に入らないということでバッシングが起きました。責任は本人にあり、政府としても邦人保護の範囲内でできることをするしかない。

 しかし、家族の態度がいいか悪いかによって助けるか助けないとかいうものではない。それによって政府や行政が対応を変えてしまったら、それは独裁国家ですよ。そういうものではないのです。

 でも日本社会では、『自己責任』と言いながら家族も連帯責任にされる。だから妻には、放置するように、一切メディアなどには出ないようにと言っておいたんです」(純平さん)

◆「自殺を考え、身辺整理をしていた時期も」

 深結さんは、当時の心境を語る。

「その後、母が亡くなって、不安で不安で仕方がなくなりました。友達の家にいたら迷惑も掛かるので。1人でいるのが怖くて、人の気配があるところにいたくてインターネットカフェで寝泊まりするなどしていました。今でも電気をつけないと眠れないのです。