「5人に集団強姦された」…芸能人らによる盗撮被害女性がついに証言。V.Iの名は挙がらず

写真拡大 (全2枚)

「歌手チョン・ジュニョン、元FTIslandのチェ・ジョンフンら5人に集団強姦された」と主張する女性が名乗り出た。この女性はチョン・ジュニョンをはじめとする芸能人らが参加した“疑惑のカカオトーク”にも登場したという。

韓国メディア『SBS funE』は4月18日、「被害女性のAさんは18日、トークルーム上に流出された音声ファイルや写真、メンバーらが交わしたトーク内容などを通じて自身が性的暴行を受けた事実を確認した。弁護士との協議の末、明日警察に告訴状を提出することにしたと話している」と伝えた。

(関連記事:“V.Iと仲間たち”のトーク内容が酷すぎる…「女性軽視」に「集団強姦」も

報道によると、トークルームで流された不法映像の被害者を特定できない状況から、チョン・ジュニョンをはじめとしたトークメンバーたちの性的暴行疑惑に関する調査が難航していた。今回被害女性が名乗り出たことで、警察は訴状が届き次第本格的な捜査に乗り出すという。

また、Aさんは同メディアとのインタビューで、被害当時の状況を話した。

チョン・ジュニョン(左)とチェ・ジョンフン

「去る2016年3月、チョン・ジュニョンさんのファンサイン会に行ったことがきっかけで一緒にお酒を飲むことになった。チェ・ジョンフンさん、クラブ『バーニングサン』職員のキムさん、YGエンターテインメント元職員のホさん、事業家のパクさんも一緒にいた。

彼らとお酒を飲んだ後に記憶を失って、気が付いたら衣服をすべて脱がされた状態でホテルのベッドに横たわっていた」

「下着を探せ」とからかう場面も。音声ファイルと写真に記録されたものは一体…?

さらにAさんは「隣にはチェ・ジョンフンさんが横たわっていた。私が目覚めると彼らは“下着を探してみろ”、“性的な関係を持とう”などと言ってからかった」と主張している。

当時はあまりにも困惑して、状況を把握できないままホテルを後にしたというAさん。しかし、最近になって“疑惑のカカオトーク”によって巻き起こった各種事件の報道がされ、自身も暴行を受けたのではないかと疑い始めたという。

報道を受けて真実の確認を決心したAさんは先月、同事件を告発したパン・ジョンヒョン弁護士宛に「勇気を出してメールを送る。もしかしたら、トークルームに出てきた(動画の)女性が自分ではないかと心配している」という文面のメールを送った。

その後に事件が起きた日付と場所とトーク内容をすり合わせ、パン弁護士を通じて“当時の状況が録音された1つの音声ファイル”と“6枚の写真”が当該のトークルームに存在することが確認された。

当該の音声ファイルには、Aさんが性的暴行の最中に発したとされる声が録音されており、写真の一部からは、気を失ったAさんに対して、酒の席をともにしたとされる5人がわいせつな行為を働くような場面が写されていたという。

さらには、5人がAさんを集団強姦したとされる日の翌日に、当該のトークルームでやり取りが行われていた。チョン・ジュニョンは集団強姦を意味する隠語を使い、チェ・ジョンフンは“気を失ったAさんに性的暴行を加えるために笑いをこらえた”という内容を送っている。

Aさんは「動画と写真、トークルームで行われたトーク内容を確認してからは1カ月悩んでいた。その末に結局、この5人を告訴することに決めた」とし、「当時は羞恥心に包まれ困惑していたため、状況を把握することができなかった。そして、その後も彼らは何事もなかったかのように連絡してきて、“性的暴行はもちろん、不法撮影もなかった”という趣旨の話をされたのでそれ以上追及することができなかった」と話している。

疑惑の当事者は関与を否定、または音信不通の現状

一方で、Aさんのこうした主張に対して事業家のパク氏は「この事件とまったく関係がない」と性的暴行の疑惑を否定している。そのほか、チェ・ジョンフン含む当時現場にいたとされる者たちは、現在連絡が取れない状態だ。

チョン・ジュニョンは現在、性的暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなど利用、撮影)の疑いで拘束起訴されている。チェ・ジョンフンをはじめとする他5人は在宅起訴の状態だ。しかし、彼らが不法撮影対象の女性たちを暴行したという疑惑については、現在本格的な捜査が行われていない。

警察は今後告訴状が受理され次第Aさんに対する取り調べを行い、チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンをはじめとした当時の関係者を順に召喚して調査する計画だ。