声優の数はこの15年で約3倍に増えた。芸歴30年の現役声優である岩田光央氏は「専門学校を卒業し、養成所で学んでデビューするという筋道が中途半端に描かれたことで、“自称声優”が大量に生まれた。食えていない声優はどれだけ多くいるのか」と危機感を表す――。

※本稿は、岩田光央『声優道』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/avdyachenko)

■成功する声優/しない声優の差が広がっている

現在、声優の役割の拡大やそれに伴う人気増を背景に、肩書きとして「声優」を語る人が急増しています。

テレビアニメや据え置きのテレビゲーム以外に、特に近年では急速なスマートフォンの普及と、それに伴う音声の吹き込まれたゲームの登場で、一昔前とは比較にならないほど声優の需要は増えています。

そうして裾野が広がった分、デビューをしやすくなりましたし、その受け皿としての専門学校も次々に開校しました。また「紅白歌合戦」への声優出演などを通じて、社会的認知度が格段に上がったこともあり、「声優を目指す」ことも公言しやすくなったのではないでしょうか。

一方で失礼ながら“安直”に志願する人も、同時に増えたように感じています。さらに厳しく言えば、成功する声優とうまくいかない声優、その差も以前とは比べ物にならないくらいまで広がったように感じているのです。

声優を目指す若い方の多くは、高校や大学を出た後、専門学校に入って声優について学び、それから事務所直結の養成所でさらに学び、査定に合格してデビュー、という道を描いているようです。しかし、そうした筋道がやや中途半端に描かれたために、「自称声優」が大量に生まれ、彼らがますます増加していくであろう状況の中、混迷を極めているように感じられます。

■「志望者数が30万人」と言われるワケ

そもそも今現在、声優としてきちんと生計を立てられている人はいったいどれくらいいるのでしょうか。

雑誌『声優グランプリ』付録『声優名鑑』によれば、2001年に掲載された声優の数は370名以上。それが15年には1192人になっていました。

おそらくそこに掲載されている声優はトップ・オブ・トップスの存在で、業界ではよく知られた、多くのファンを抱える方ばかりだと思います。ただ、その存在だけを考えても、数は15年で3倍程度まで膨らんでいることが分かります。さらにWebサイト「声優データベース」の登録者数は約4000名、総数としては約1万人とも言われています。

現実として、今では声優を抱えるほとんどの大手事務所は養成所を作り、数百人単位の生徒を抱えています。そうした結果、「志望者数が30万人にまで膨れ上がった」とも言われるのでしょう。

■「どれだけ多くの声優が食えていないか」

確かに僕が声優の仕事を始めた30年前に比べれば、仕事の幅も機会も広がっています。とはいえ、それでも必要とされる声優の数は、全体として、たった300人程度とも考えられているようです。

なお現在、声優業界でもっとも大きな事務所に所属する声優の数がおおよそ300人とされています。もしその全員が「食えている」とすれば、一つの事務所だけで業界全ての仕事を回せる、ということになります。これはつまり、「どれだけ多くの声優が食えていないか」という実情を表しているとも言えそうです。

若い方が今「声優になりたい」と考えた際、最初に思い浮かぶのはおそらく専門学校への進学ではないでしょうか。

確かに声優が人気の職業となった現在、声優科を持つ専門学校がたくさん開校しました。

本を執筆していた16年当時にインターネットで調べたところ、大手の全日制のみで30以上の学校があることを確認できました。夜間や土日のみ、さらには中学生の進学先としての高等部も登場し、それぞれのニーズに合った学び方が選べるようになっているようです。実際に、現在活躍している声優の8割は専門学校出身者と言われています。

しかし声優の現実を見れば、あくまで属性としては「個人事業主」であって、決してその立場は一般的な会社員でも、公務員でもありません。定型の仕事が存在するわけではなく、不安定なままで、求められる仕事や立場は人によって本当にさまざま。学校で学んだからといって、決して全員が声優になれるわけではないのです。

■現役声優が講師とは限らない

しかも、もしあなたが声優を志し、声優科のある専門学校に進学しても、必ずしも現役声優が講師として授業をしてくれるとは限りません。

もちろん、声優が講師を務めていることも多いですが、中には「技術を教える」ための知識や教育を受けた方たちで、誤解を恐れずに書けば、この混沌とした声優業界と、本当の意味で覚悟を持って向き合ったことのない講師がいることも事実です。それがどういう事態につながるかは、私の著書『声優道』を読んでいただければ、よくお分かりでしょう。

その場合、講師は現役の声優ではなく、あくまで「学校の先生」ですから、生徒たちはそれぞれの学校が作成したマニュアルに沿った授業を受けることになります。学校のカラーが色濃く表れた節回しを学び、まるで楽譜をたどるような声を習得しかねない。

■「専門学校卒業→即デビュー」ではない

それに専門学校を卒業したからといって、よほど「天分」の才能を持っていない限り、すぐに声優としてデビューできるわけではありません。声優科を持つ専門学校は2年制が多いようですが、多くは2年生になった頃、次のステップとしていよいよ声優事務所、その養成所へのオーディションが待ちうけることになります。

岩田光央『声優道‐死ぬまで「声」で食う極意』(中央公論新社)

さらに言えば、ここでどの養成所を受けるかで、声優としての人生に大きな差が生じます。

人気声優を抱えていない小さな事務所が持つ養成所の場合、多くは大手より早く、12月くらいからオーディションを始めます。これは大手事務所よりもなるべく早く、良い人材を囲い込む“青田買い”をしたいという狙いからのこと。そこで入所した人材には「特待生」という称号を付けることもあるようですが、一度社会に出てしまえば、その先、何の価値ももたらしてはくれないでしょう。

■声優を目指す「王道」にかかるお金

ではそのような、ある意味で声優を目指す歩みの「王道」を進むには、いったいどのくらいのお金がかかるのでしょうか。

ざっとですが、専門学校は1年目に150万円、2年目に100万円ほどはかかります。そしてその後、養成所に入ればまたここでもお金がかかります。養成所のほとんどは1年制ですので、約60万円といったところでしょうか。ですが僕が講師を務める養成所は希望すれば無期限でいられますし、それぞれの養成所によって状況はさまざまです。

こう書くと、あまりにお金がかかることに驚き、声優を目指すこと自体、尻込みしてしまう人もいるかもしれません。しかし間違えて捉えてほしくはないのですが、資質や実力、そして「声優になりたい」という強い熱意が伴えば、実は専門学校に行かずとも、養成所に通わずとも、直接事務所に所属することは不可能ではありません。

■ボイスサンプルが社長の目に留まり声優に

たとえばアクロスエンタテインメントに所属する、花江夏樹さん。

朝のテレビ番組、「おはスタ」のMCで人気を博した彼は、12年に正式所属になってから、早々とトップ声優の仲間入りを果たした若手のホープです。花江さんは、昔からの憧れである山寺宏一さんがアクロスにいるということもあり、直接事務所へボイスサンプルを送ったそうです。そして送ったサンプルが社長の目に留まり、社内ワークショップを受け、そのまま正式所属となりました。

確かに、彼には豊かな才能があったから受け入れられたのであり、才能と実力が伴わない志願者からの入門希望は、ほとんどの場合、門前払いをされてしまうでしょう。ただ、稀な例とはいえ、人より抜きん出た実力さえ備わっていれば、彼のように「飛び級」をすることは可能なのです。だから、繰り返しますが声優への道のりを歩むために必ず声優学校の門をくぐらなければならない、などということはありません。そもそも僕自身がそうでした。

■業界で戦えるだけの実力が備わっているか

ただ業界全体として、良い側面として声優を目指す若者に具体的な道筋を作ろう、技術を高めようと考えた結果が今の状況を生んでおり、一方で悪い側面として、あたかもそれが近道のようにイメージが作り上げられてしまった、ということがあります。

確かに「学校に通っている」という事実があれば、安心感は得られるかもしれません。まわりに同じ志を持つ若者がいるでしょうから、そうした環境も心強いかもしれません。

しかしそれだけのことであり、何かの資格が得られるわけでも、事務所へのパスポートが渡されるわけでもない。要は、あなた自身に業界で戦えるだけの実力が備わっているかどうかなのです。

もし花江さんのように、憧れの先輩の事務所で声優になりたいといった強い意志や、抜きん出た才能が自分にあると感じるのなら、回り道などせず直接問い合わせをしてみてもいい。その事実だけでも、ぜひここで知っておいてください。

----------

岩田光央(いわた・みつお)
声優
1967年、埼玉県生まれ。出演作に「AKIRA(金田役)」「頭文字D(武内樹役)」「トリコ(サニー役)」「ドラゴンボール超(シャンパ役)、「斉木楠雄のΨ難(斉木國春役)」など多数。子役から芸能界入りした、芸歴30年以上のベテラン。2013年、第7回声優アワード「パーソナリティ賞」受賞。ラジオ大阪「岩田光央・鈴村健一スウィートイグニッション」などにレギュラー出演中。ラジオ大阪声優&アナウンススクールなどで講師を務める。通称『兄貴』と呼ばれ、後輩やファンに慕われている。

----------

(声優 岩田 光央 写真=iStock.com)