今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

写真拡大

マーリンズ相手に5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点

カブス 7-2 マーリンズ(日本時間16日・マイアミ)

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点で今季4試合目の登板にして待望の初白星を挙げた。

 最速は99マイル(約159キロ)をマーク。ツーシームを効果的に使い、スライダーもキレ味があった。2018年5月21日以来、330日ぶりの白星に待ちわびたファンからも歓喜の声があがっている。球団公式インスタグラムでは好投するダルビッシュの写真の他、カブス選手の写真を掲載。コメント欄では、ファンがダルビッシュの投球を称賛した。

「ユウゥゥゥゥゥ」
「ユウは今夜なかなかの投球をした」
「ダルビッシュは登板毎にどんどん良くなっていく。その調子だよ、ユウ!」
「おめでとう、ユウ・ダルビッシュ。やっと、だね!」
「ユウは問題無かった」
「ダルビッシュは間違いなく剛速球を投げていた」
「ダルビッシュはこの投球を続けていかないとね」
「グッドジョブ、ユウ!!!」

 カブスには昨季加入したが、これがようやく2勝目。喜びの声が多く集まり、今後も白星を重ねていくことに期待を寄せている。(Full-Count編集部)