火災が発生した仏パリのノートルダム大聖堂から崩落する尖塔(2019年4月15日撮影、資料写真)。(c)Geoffroy VAN DER HASSELT / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)大規模火災で壊滅的な被害を受けたフランスのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)について、エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相は17日、火災で崩壊した尖塔(せんとう)の再建用デザインを世界中の建築家から公募する計画を発表した。

 フィリップ首相によると、公募を通じてまずは尖塔を再建すべきか否かを決め、再建する場合は、火災で崩壊した19世紀建造の塔と同じデザインにすべきか、完全に新しいデザインにすべきかを決定する。

 フィリップ首相は、ノートルダム大聖堂には過去に尖塔がない期間もあったと指摘。「国際コンテストにより、新しい尖塔を建設すべきなのか、(ウジェーヌ・)ヴィオレルデュク(Eugene Viollet-Le-Duc)が設計・製造した尖塔を再建すべきなのか、それとも(中略)今日の技術に見合い、課題に対応する新しい尖塔をノートルダム大聖堂に建設するべきかという問題を決着させる」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News