ドキュメンタリー映画『HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜』の公開記念トークイベント『麻薬と戦った男たちの真実の告白』に参加した(左から)KEI氏、進藤龍也氏 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 アメリカの刑務所でチカーノと呼ばれるギャングの仲間だったKEI氏、元ヤクザで牧師の進藤龍也氏が17日、都内でドキュメンタリー映画『HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜』の公開記念トークイベント『麻薬と戦った男たちの真実の告白』に参加。7年にわたるKEIへの取材をもとに製作された「更生」がテーマのドキュメンタリー映画。この日は元受刑者を客席に招き、両者とも薬物にかかわったことがある人物として、自らの経験を交えて薬物からの更生について語った。

【動画】薬物の恐ろしさを語るKEI氏&進藤龍也氏

 トークショー中盤で、薬物と芸術の関係性について話題となった。最近も薬物で大物アーティストが逮捕、起訴されているため、司会から「薬物が芸術的な発想の手助けになるのではないか」と問われると、KEI氏は「それはないですよね」と一刀両断。自身も薬物で身を崩しかけており「結局、何の薬物にしても効いてるときは考える能力もなくなるんだし、脳にダメージを与えてるわけじゃないですか。それでいいものができるわけないですよね」と経験を交えて語った。

 また、薬物依存について進藤氏は「やめることができるんだったら、依存じゃないんですよ」と断言。「やめるためには、より強い依存が必要なんですね。私の場合は、キリスト。聖書に出会って、これだと思って(やめる方法を)つかんだ」と、自身が更生に至った経緯を話した。

 イベント終盤に、KEI氏はメディアに向けて「(薬物の報道を)やるんだったら真実を伝えてくんないと」と要求。最近も薬物に詳しいという解説者によって、コカインを水に溶かして注射器を使ったり、火で炙って吸引したりする方法が報じられていたそう。共に非常に危険な方法と紹介し、仮にまねをする人がいた場合に、更生の機会だけでなく命を奪われてしまう可能性を危惧し「心臓が止まったときに責任を取れるのか」と呼びかけた。

 そして進藤氏は「(罪を)裁かなければいけないし、裁かれなきゃいけない」と、前置きしたうえで「日本の社会はセカンドチャンスがない。レッテル貼られちゃう。これを何とか僕は変えたい。それは報道の在り方も問題だと思うんですよね」と、メディアに対して罪を犯した人々の更生の機会を奪わないように訴えた。

 映画は26日から順次公開。