『THE PATH/ザ・パス』ら人気作の最新シーズンが独占配信!『SUPERNATURAL』『クリマイ』新シーズンも

写真拡大

日本初上陸の注目海外ドラマをお届けするHuluプレミアでは、5月に3本の人気シリーズの最新シーズンが独占配信される。

【関連記事】こちらも合わせてチェック!『SUPERNATURAL』キャストが選んだお気に入りエピソードまとめ

1本目は、5月2日(木)から独占配信される『THE PATH/ザ・パス』シーズン3。『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールと『ハンニバル』のヒュー・ダンシー共演、新興宗教団体マイヤリスト・ムーブメントの熱心な信者であった主人公エディ・レーンが、団体の恐ろしい真実を知ったことで信仰に疑問を抱き、新たな道を探ろうとする衝撃作。このファイナルシーズンでは、エディの起こしたある奇跡がきっかけとなりマイヤリズムが世界中で爆発的な広がりを見せたため、エディは新しい「光の守護者」に。彼は、カルト指導者にならずに組織を育てられるかという難問に直面する。一方でカルは暗い過去から立ち直るために心の闇との対決を迫られ、サラも信仰に疑問を抱き、組織の外に答えを求めるうちにマイヤリズムの究極の秘密に近づいていく。新たな局面を迎えた彼らは一体どこへ向かうのか――。

2本目は、5月15日(水)からスタートする『ヒューマンズ』シーズン3。人間に代わり家事や仕事をこなす高性能人型ロボット"シンス"が普及する世界を舞台に、自我を持ち始めたロボットと人間の攻防を描くSFサスペンス。シーズン3では約5億体のシンスが思考や感情を身につけ、11万の人間の命が失われた「デイ・ゼロ」と呼ばれるシンスの大量覚醒から約1年後の世界が描かれる。目の色がオレンジで自我のない安全な新型のシンスが登場する一方、自我を持つ緑の目のシンスは、最低限の保護しか与えられない収容地区に拘束されることに。人間への憎しみから反乱を企てようとするシンスが現れ、ロボットでありながら自我に目覚めた主人公ミア(『クレイジー・リッチ!』『キャプテン・マーベル』のジェンマ・チャン)のように人間との平等・共存を求めるシンスとの間に対立が生じ始める。果たして「人間vs AIロボット」の戦いに新たな未来はやってくるのか...。

3本目は、5月29日(水)から開始となる『t@gged/タグド』シーズン3。SNSで突如見知らぬアカウント"モンキーマン"から殺人を連想させる映像にタグ付けされた女子高生たちが、プライベートが赤裸々に暴かれる恐怖に襲われながらもその正体を探ろうとするという、各話約20分前後で構成されたサスペンススリラー。シーズン2に引き続き『フォスター家の事情』『好きだった君へのラブレター』のノア・センティネオが出演。シーズン3では、主人公たちがネットストーカー集団"動物園"に指示を出す黒幕"キングコブラ"の身元を特定しようと奮闘する中、"ミスターMT"という謎の人物も登場し...。

上記3作品の過去シーズンはすでに配信中。Huluではさらに、『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』のシーズン12、『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のシーズン11が5月1日(水)から全話配信となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『THE PATH/ザ・パス』
© 2018 Universal Television, LLC. All Rights Reserved.
『ヒューマンズ』シーズン3
© Kudos MMXVIII
『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン12
© 2018 ABC Studios and CBS Studios, Inc.
『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン11
© Warner Bros. Entertainment Inc.