ノートルダム大聖堂の再建に光 4年前に詳細な建築データをデジタル化

ざっくり言うと

  • 大規模な火災で尖塔が焼け落ちるなどの被害を出したノートルダム大聖堂
  • 4年前の米美術史家による計測で、詳細な建築データがデジタル化済みだそう
  • 専門家は、データが全体的な構造などを再現する助けになると強調している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング