ここ2週間ほど、浅野拓磨(ハノーファー)が気の毒な状況に置かれているということが、ドイツでもセンセーショナルなニュースとして扱われている。レンタル元のアーセナルと、レンタル先で現在所属するハノーファーとの意向が合わず、試合に出ることができないというのだ。

 ふだん、ブンデスリーガの日本人選手のニュースといえば、現地にいる日本人ジャーナリストばかりが興味を持つものだが、この件はアーセナルとハノーファーの契約の問題として、現地メディアも大きく取り上げている。

 同僚の原口元気によれば、浅野は、試合にこそ使ってもらえなくなったが、腐ることなくトレーニングに励んでいるそうだ。

「元気ですよ。ひとりでずっと2部練して、走っています(笑)。頑張っていますよ。(我々にその話題は)話しにくい? そんなことない。彼だって、これからがあるんだから」

 24歳の浅野には今後も長い選手生活がある。自分に落ち度のないことで、落ち込んでいるヒマなどないのは確かだ。


ベンチ外が続いているが、ハノーファーで練習を続ける浅野拓磨

 時系列で振り返る。

 3月上旬の段階では、今季終了時点で、ハノーファーは浅野をアーセナルから買い取る方向だった。キッカー誌などによれば、ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター、選手獲得などのチーム編成における責任者)が、その意向を示していた。

 当時、ハノーファーは17位と自動降格圏にいた。SDがチームの降格の可能性を考慮せずに来季の編成に関してコメントするわけがない。それは、「たとえ降格して、予算縮小を余儀なくされたとしても……」という前提での発言だった。

 3月下旬、日本代表戦の期間中に続報があった。マルティン・キント会長、つまりSDよりも上の人物が、浅野の買い取りを否定する意向を示したと地元紙が報じたのだ。

 浅野はレンタル先であるハノーファーで出場試合が一定数を超えると、買い取りの義務が生じる契約になっている。だが、会長は買い取るほどの魅力を浅野に感じていないというのだ。今季、あと2試合に出場してしまうと、買い取り義務が発生するから、あと1試合しか出られない。ちなみに買い取り金額は300万ユーロ(約3億7000万円)である――そんな報道を、キント会長は大筋で認めた。

 代表戦ウィークが終わった直後の3月31日、浅野はシャルケ戦に途中出場している。ハノーファーが買い取らないのであれば、ここで浅野の2018−19シーズンは終了してしまうことになる。チームは0−1でシャルケに敗れてリーグ戦6連敗。最下位に転落した。

 翌週の半ば、キッカー誌が、「ハノーファーは浅野を起用しないと決断した」と報じた。浅野を買い取らないという決断に対し、アーセナルが怒っているという見出しもついた記事だった。イギリス側(デイリー・ミラー紙など)でも同様の報道が出たが、これはキッカー誌を引用したものにすぎなかった。

 4月6日のヴォルフスブルク戦で、浅野はベンチ外だった。トーマス・ドル監督は、浅野の起用が禁止されたとほのめかすにとどまったが、ヘルトSDはキント会長から起用しないようにと指示されたことを認めた。チームはヴォルフスブルクに敗れて7連敗、週明けの9日にはヘルトSDがクビになった。

 ハノーファーは13日のボルシアMG戦にも0−1で敗れて8連敗。降格に向けて一直線という様相を呈している。冒頭の原口のコメントはこの試合後のもの。チームについても自身についても、開き直ってサバサバした様子だったのが印象的だった。

 2部降格とそれにともなう予算削減が現実として迫るなかで、今季は負傷が多かったとはいえ、リーグ戦先発9試合、途中出場4試合、得点0にとどまった浅野を買い取るのが難しいというのは、ある意味でしかたがない。300万ユーロは相場からすれば決して高い金額ではないが、「払えない」という判断もあり得るだろう。

 ただ、つい浅野の立場を思いやってしまうのは、各報道に、その決断に対して「アーセナルが苛立っている」というニュアンスが込められていることだ。実際はどの記事を見ても、アーセナルの誰がそう表明しているのか、具体的な記述はない。ドイツ人記者からすれば、単に浅野を買い取れないハノーファーの不甲斐なさを指摘しているだけなのかもしれないが、それが事実だとすれば、アーセナルはすでに浅野への興味を失っているということになる。

 今回のケースは、今後、日本人選手がアーセナルのようなビッグチームに籍を置き、他の小さなクラブへレンタル移籍するような場合、思い出すべき事例となっていくだろう。そして浅野には、酷な話ではあるが、この自分ではどうにもできない悔しい思いを、成長への糧としてほしいものだ。まだまだこれからの選手なのだから。