吉田さんをモチーフにしたドラマ(のオファー)をいくつかいただいていたと明かした渡辺謙 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 俳優・佐藤浩市と渡辺謙が17日、都内で行われた映画『Fukushima 50』(2020年公開)のクランクアップ会見に出席。福島第一原発で所長を務めていた吉田昌郎さんを演じた渡辺は「踏み出せなかった一歩が踏み出せた」と、日本だけでなく世界をも震撼させた原発事故の第一線に立っていた実物を演じたことに、敬意を払っていた。

【画像】暗い雲が覆う…映画『Fukushima50』第1弾ビジュアル裏面

 渡辺は「吉田さんをモチーフにしたドラマ(のオファー)をいくつかいただいていた」と明かし、「僕らがやっているのは、エンターテインメント。人間ドラマをどう描けるのか、なかなか踏み出せないで8年が過ぎていました。(佐藤が演じる)伊崎という男を中心に事故で戦った男を描き、そこに吉田さんが大事な要素として関わっているので、映画として成立すると納得しました」と踏み切った決意を語った。

 さらに「緊対(緊急対策室)の中で、テレビ会議や電話のやりとりを続けていましたので、何が起こっているのか意識するのが難しかった」と振り返り、「当時、吉田さんの近くにいた方がスタジオにもいらっしゃって、メディアに映し出されていない吉田さんはどうだったか、根掘り葉掘りうかがい、参考にしながら役を付けさせていただきました」と話していた。

 また「緊対の中では、ドラマ的には何も起こらない。だけど、外ではとんでもないことが起こっている。わからないことの焦燥感をどう感じれば良いのか。(部屋に)テレビ画面のモニターがありまして、津波の映像や水素爆発したときの映像を常に流していました。それで、8年前の第一原発の状況に仮想でもいいから身を置きたかった」と役作りのポイントもあげていた。

 この日は、水上繁雄プロデューサー、椿宜和プロデューサーも登壇した。

 佐藤が演じるのは、地元・福島県出身で現場指揮を行う熱血漢・伊崎利夫。2011年3月11日に発生した、東日本大震災。原発事故の現場に残った名もなき作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた。世界中が見守っていた現場で何が起きていたのか。浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本全体へ危機が迫る中、死を覚悟して残った職員たちの知られざる“真実”が描かれる。