パイオニアのドライブレコーダーの映像は、レースカーのオンボードカメラよりスゴいと思わずチームにアピールした小林可夢偉

写真拡大 (全5枚)

パイオニアは15日、都内で「2019年夏 カロッツェリア 新商品発表会」にて、夜間でも撮影可能な「ナイトサイト」を搭載したドライブレコーダーの新モデルを公開した。
同時に、「楽ナビ」シリーズもフルモデルチェンジされた。

発表会には、元F1ドライバーで現在は全日本スーパーフォーミュラ選手権をはじめとしたレースに参戦しているレーシングドライバー・小林可夢偉氏がゲストとして登壇。

レーシングドライバーの視点から、現在のドライブレコーダーの性能や機能の高さに言及した。

今回、パイオニアが大幅に拡充したドライブレコーダー「VREC(ブイレック)」シリーズの新製品は、

前方と後方を撮影できる2カメラタイプの、
「VREC-DZ700DLC」「VREC-DZ700DSC」「VREC-DS500DC」の3モデル。

1カメラタイプの
「VREC-DZ600C」「VREC-DZ600」の2モデル。


ボックスの中は真っ暗だが、ナイトサイト対応のカメラで撮影するとディスプレイに表示されているような明るい映像を記録できる


両シリーズともに夜間でも高感度・高画質に録画が可能な「ナイトサイト」にも対応しており、照明のない夜間の走行や停車中での事故やトラブルも記録できる。
会場内に設置された暗所では、実際に撮影された「ナイトサイト」のデモも展示された。

また、2カメラモデルについては、
・「VREC-DZ700DLC」…後方の車外を録画するタイプ
・「VREC-DZ700DSC」…後方の車内を録画するタイプ
・「VREC-DS500DC」…防水・防塵に対応し後方の車外に設置することができるタイプ
と、ニーズに合わせた3タイプを用意している。
3タイプとも広範囲を録画できる対角視野角を確保し、死角を小さくすることで、安心・安全を実現。さらに、前後の映像を同時に録画可能な「ダブルレコーディング」に対応している。

なお、2カメラモデル、1カメラモデルともにいずれの製品も解像度は1920×1080pのフルHD画質に対応している。


トークセッションの模様


トークセッションに登場した小林可夢偉氏も
「今回出たやつが、夜が凄いです。夜、真っ暗なところでも、ライトがなくても映るんですよ。」と、ナイトサイトの実力に、興奮を抑えられないといった様子だった。

さらに
「要するにそれがあると、夜に車を停めていた際、もし盗難や車上荒らしに遭ったときにもしっかり(犯人の)顔が映るっていう良さがあると思っている。」
「車上荒らしに遭ってからだと、ドラレコ1台買えちゃうかもしれないので、その前に備えておく。」
と、ナイトサイトをアピールした。

また、
「2カメがいいかなと。レースカーでも後ろにカメラを付けて、その映像を見てレースをしている」
「夜も映るっていのは本当にいい」
「後ろを見ることはレース中も大事」
など、レースカーの経験を元にしたコメントも飛び出した。

小林可夢偉氏は、
パイオニア、カロッツェリア公式ページ「ブランド&コンテンツ」において、
「速すぎ!?時速260km/hのドライブレコーダー映像」が公開されている。

ここで公開されているのは、スーパーフォーミュラの公式テストで、小林可夢偉氏が搭乗するフォーミュラカーに搭載されたドライブレコーダーで録画された映像だ。


この撮影時について小林可夢偉氏は
「驚きました。レーシングカーでは『オンボードカメラ』っていう車載カメラで映像を流すものがありますけど、
(パイオニアの)ドラレコを付けたら、
ドラレコのほうの映像が(オンボードカメラの映像より)綺麗だった。

まさか! まさかだったので思わず、映像を作っているチームに、
これ(ドラレコ)を付けたほうがいいんじゃないですか?って、言っちゃったくらい、映像が綺麗で。それだけ本当に高性能」
と、パイオニアのドライブレコーダーの映像を称賛した。

なお、撮影が実施されたのは2018年3月28日で、
使用されたドライブレコーダーは、
今回発表された新製品より、以前の製品である。
それでもパイオニアのドライブレコーダーの性能は、小林可夢偉氏を驚かせるには十分な性能を誇っていたということだろう。




■ドライブレコーダー「VREC」シリーズ

大幅に拡充したドライブレコーダー「VREC」シリーズ


●2カメラタイプ
・「VREC-DZ700DLC」(7月発売予定)
・「VREC-DZ700DSC」(7月発売予定)
・「VREC-DS500DC」(8月発売予定)
●1カメラタイプ
・「VREC-DZ600C」(7月発売予定)
・「VREC-DZ600」(7月発売予定)
・「VREC-DZ200」(7月発売予定)
・「VREC-DH200」(7月発売予定)
の合計7モデル。「VREC-DZ200」と「VREC-DH200」は、ナイトサイト非対応のエントリーモデル。


■新型「楽ナビ」シリーズ

新型「楽ナビ」のラインアップ


●LS(ラージサイズ)メインユニットタイプ
・「AVIC-RL910」
・「AVIC-RL710」
●200mmワイドメインユニットタイプ
・「AVIC-RW910」
・「AVIC-RW710」
●2D(180mm)メインユニットタイプ
・「AVIC-RZ910」
・「AVIC-RZ710」
の合計6モデル。いずれも6月発売の予定。

速すぎ!?時速260km/hのドライブレコーダー映像 | USEFUL | カーライフを、もっと楽しく、便利に | ブランド&コンテンツ | カーナビ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社


撮影・執筆:2106bpm