菅田将暉、『シャザム!』吹替版完成披露試写会に出席 クランクイン!

写真拡大

 俳優の菅田将暉が16日、都内で行われたDC映画『シャザム!』の日本語吹き替え版完成披露試写会に、共演声優の緒方恵美、阪口大助、平野綾と出席した。

【写真】菅田将暉、平野綾らが登場『シャザム!』日本語吹き替え版完成披露試写会の様子

 「子供の頃になりたかった職業」or「大人になってやりたかったこと」を聞かれた菅田は、共演陣が「ビールを飲む」(平野)、「某アニメの某ロボットのパイロット」(坂口)、「数学教師」(緒方)とそれぞれが答える中で「え!?一緒!僕も数学教師!」と緒方の子供時代の夢に反応。すると緒方から「先生になったじゃないですか、美術だけど」と、日本テレビ系連続ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で演じた美術教師の話題を振られ、照れていた。

 また子供時代に大人になってやってみたかったことについて「おもちゃ屋さんでおもちゃをいっぱい買う。携帯のアプリとか、たくさん課金する」と無邪気な菅田。吹き替えを担当した“見た目は大人、中身は子供”のヒーロー=シャザムぶりについて緒方から「まんま。近い」と太鼓判を押されると「よく言われるけれど…そんなことありますぅ?」と首をかしげていた。

 スーパーマンにも負けない怪力を持つヒーロー、シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)となった悪ガキのバットソン(アッシャー・エンジェル)が、最凶激ヤバの敵とバトルを繰り広げる。日本語吹き替え版監修と演出を『銀魂』『今日から俺は!!』で知られる福田雄一監督が手掛けた。盟友・福田監督による演出に菅田は「福田さんのワードセンスとギャグが本国版よりもわかりやすくなって笑えるし、感動もできる。そこが吹替版のいい点」と胸を張っていた。

 DC映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。