「和牛」といえば、日本人が生み出した日本固有の牛の品種だ。

【写真】アメリカで肥育されているWAGYU

 その霜降りの肉の旨さは、いまでは世界中に知れ渡り、日本からの和牛の輸出量もここ数年で飛躍的に伸びている。

中国は日本からの牛肉輸入を禁止しているが……

 そんな和牛の受精卵や精子を中国に持ち出そうとした男2人と、提供した徳島県の畜産農家がこの3月に逮捕された。

 事件は昨年6月のこと。大阪から上海に向かうフェリーに、凍結した受精卵や精子のストロー365本を金属容器に入れて運び出したものの、検疫などの必要な手続きを受けていなかったことから、中国の税関によって持ち込みを拒否される。そのまま持ち帰り、日本の動物検疫所に申告したことから発覚した。直接の逮捕容疑は、正式な手続きを受けずに国外に受精卵や精子を持ち出した家畜伝染病予防法違反と関税法違反だった。

 もし仮に、そのまま中国に持ち込まれていたとしたなら、日本が開発した農業資源、それも「遺伝情報」という知的財産が流出したことになる。


中国でも人気のある「日式焼肉」 ©iStock.com

 中国でも和牛の人気は高い。彼らは、その旨さを知っている。ところが、2001年に日本でBSE(牛海綿状脳症)が発生した直後から今日まで、中国は日本からの牛肉の輸入を禁止している。「攻めの農業」を政策に掲げ、農産品の輸出拡大を目指す安倍政権が中国市場の開放をこれまで求めてこなかったのも理解に苦しむ話だが、中国国内には、香港や隣国のベトナム、カンボジアなどを経由して日本の和牛が流通しているとされる。

和牛の海外流出はとうの昔にはじまっている

 そんな人口13億人を超える巨大市場に、中国産の和牛が大量生産されて出回れば、これほど大きなビジネスはない。日本のお株を奪うように、輸出事業にまで展開されると、本家の日本の畜産業にも打撃が及ぶ。

 今回の事件は、中国の牧場関係者の依頼によるものとされる。逮捕された畜産農家は2014年以降、5回の持ち出しがあったと供述している。

 他国の知的財産を盗む中国。米中貿易戦争の引き金ともなり、今回はその被害者である日本。取り締まりを強化し、早期にその対策を打ち出すべきだ。――そう言いたいところだが、もはや和牛の遺伝情報の海外への流出は、とうの昔にはじまっている。それは中国だけの話ではない。現実に海外での外国人による和牛生産は、すでに頻繁に行われている。いまさら対策を講じたところで遅きに失する。そのことを日本人は知らない。

「但馬和牛」がオーストラリアで生産されている

 かつて私が訪れたタイのレストランでのことだ。こんなメニューを目にした。サンプルとして映し出されたリブロースのステーキには、オーストラリアの国土と国旗をイメージした小旗が刺さっている。ところが、メニューのタイトルには英語で「TAJIMA WAGYU」とある。つまり「但馬和牛」だ。

 解説文には、「500日間穀物を与えたオーストラリアの和牛/“但馬”の農場(起源は日本の神戸)で繁殖した血統の牛」とある。このあたりの解説は正確ではなく、実際には兵庫県で育った但馬牛の中から、神戸の食肉加工場で食肉加工され、認定されたものだけが「神戸ビーフ」となる。いずれにしても重要なことは、「但馬和牛」がオーストラリアで生産されて、第三国に輸出され、消費されていることだ。

 実は、日本からの和牛が輸入禁止の中国でも、オーストラリア産の「WAGYU」が売られている。中国とオーストラリアは自由貿易協定(FTA)が発効しているから、牛肉も安く入る。日本のブランド和牛が、まったく日本と関係ないところで取引されている。

飛行場を改良したという牧場

 いや、それだけではない。もっと衝撃的な事実を知ったのは、米中貿易戦争を招いてまで知的財産権の保護を強調する米国でのことだった。

 カウボーイの国として知られる米国では、一定の月齢に達した数十頭、数百頭の子牛を買い付けると、四角い柵で囲まれたロット(lot)と呼ばれる区画の中に入れ、餌を与えて肥らせる。このロットがいくつも並んだ肥育場がフィードロット(feedlot)と呼ばれるいわば牧場である。周密肥育による大量生産が可能になり、食肉相場を睨みながら、ロットごとに牛たちが出荷されていく。

 5年前に私は、米国中西部カンザス州にあるフィードロットを訪れていた。その広大な敷地を経営者の運転するピックアップトラックに乗って案内されていた。飛行場を改良したというその場所は、そうでもしないと見て回れない。

 左右に並ぶロットにはそれぞれに番号が振ってあって、その中に高級品種として知られるブラックアンガスなどがいる。牛たちは横に張られた柵棒の間から頭を出し、ロットの外側の溝に敷かれた餌を頬張っている。

「このロットのブラックアンガスは、おそらく高級なレストラン、スーパーマーケットに卸されるだろう」

文字通りのカウボーイが馬に乗る

 経営者は丁寧に私に教えてくれた。

「餌は1日に2回与える。牛は定期的に餌を食べることで、消化も体調も整う」

「ここにいる牛は、最終的には世界中に輸出される。1頭あたり2000ドルほどで安定的に出荷されていく」

 さらには個別のロットを見ながら、ここの規模の大きさを強調する。

「このロットの牛はオクラホマ州から送られてきた」

「この赤牛はミズーリ州からきた」

「こっちの牛たちは、ここから5〜6キロの場所で生まれた」

「向こうの離れたのは、テネシー州から送られて来た」

 そんな説明を受けながら進むトラックの向こう側から、馬に跨った3人の男達がこっちに向かってやって来た。

「ここのカウボーイたちだ」

 文字通りのカウボーイは、馬に乗って牛の群の中に入り、昼に夜に牛の健康状態を目視で確認してまわる。様子のおかしな牛や、病気が疑われるものは、そこから隔離する。

 ここで育った牛の中には、日本に送られたものもあったそうだ。現在では規制が緩和されているが、2003年に米国でもBSEが発生したことで、日本への食肉輸入は月齢20ヶ月以下の牛に限られていた。そのための証明書を求められることもしばしばだった、と経営者は言った。

「これが、WAGYUだ」

 そうして広いフィードロットをぐるりとまわって、出発地点のオフィスに戻ろうとしたとき、トラックがあるロットの前で停まった。

「これが、WAGYUだ」

 経営者が言った。ある番号のロットの中に数十頭の黒毛の牛が放たれていた。それを指して言った。

「いまは少ないが、多い時には2000頭ほどを飼っていたこともある」

 米国内で生まれ、ここで大きく育ったWAGYUは、米国内の高級ステーキハウスなどに出荷されていく。日本の誇る和牛が、米国で自給できる。

 衝撃だった。日本の伝統的和牛が米国の大地で育つ。それも大量に。

 ただ、いま目の前にある牛たちがフィードロット経営者の言うような本物の和牛なのか、定かではなかった。日本固有の和牛の遺伝子を持つのかどうか。にわかには信じ難かった。

 だが、もし本物の遺伝子を持たないとしても、それはWAGYUという偽ブランドで、日本の知的財産を侵害していることになる。

 では、本物だとしたら――。中国が奪おうとした和牛の遺伝情報は、もはや米国では当たり前のように持ち出されて生産されている。それが私の目にした現実だった。中国よりもずっと以前に、米国、オーストラリアに渡って、活用されている。それも日本が知的財産の保護に遅れをとった証だ。今回の件で、中国ばかりを敵視するわけにもいくまい。いまさら中国だからと大騒ぎしてみせるのも間抜けな話だ。

文・写真=青沼陽一郎

(青沼 陽一郎)