女性巡査“出会い系”で複数交際か 金額提示も…

写真拡大

 山口県警の20代の女性巡査が出会い系アプリを使って複数の男性と金額を提示する交際をしていたことが発覚し、減給処分を受けたうえ、依願退職したことが分かりました。

 山口県警によりますと、山陽小野田警察署の20代の女性巡査は去年5月から8月にかけてスマートフォン向けの出会い系アプリを使い、複数の男性と交際していました。関係者によりますと、交際の際に金額を提示していたということです。女性巡査は同居男性とトラブルになり、上司に相談したことで問題が発覚しました。山口県警は女性巡査を減給処分、女性巡査はその日に依願退職しました。山口県警では去年12月にも若手の女性巡査が風俗店でアルバイトをしていたとして処分を受けています。