玉森裕太

写真拡大

玉森裕太が、4月16日に丸の内ピカデリーで行われた映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露舞台挨拶に、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、三村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ、森義隆監督とともに登壇。俳優として演技にのめり込んだ結果、鼻血を出したというエピソードに、観客から驚きの声が上がった。

『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露舞台挨拶 その他の写真

玉森は、現場について「基本的にピリピリしてたんです。そんな中で、大きなすべり台を楽しそうにすべっている監督の姿には癒されました…」とトーク開始から監督いじり。吉岡もピリピリムードを感じていたそうで、「監督がとにかくドSで(笑)。キャスト同士も緊迫していましたね。ほっこり笑っている時間がありませんでした。玉森さんは、演技に入り込みすぎて鼻血が出て…」と驚きのエピソードが飛び出した。

“ドS”という証言もあった監督は、「たしかに緊迫していましたが、こんなに色とりどりのキャストに集まっていただけて光栄です。僕は玉森裕太という映画俳優を誕生させる覚悟でこの作品を撮りました。ぜひ見届けていただけたら」とアピールし、観客からは拍手が起こった。

また、MCから「どんなパラレルワールドに行ってみたい?」という質問をされると、玉森は「ないに近いですが…ずーっと、晴れの日がいいですね。穏やかに過ごしたいです」とかわいらしい答えが。すると染谷が「晴れの日言われた…」と悔しがりつつ、「体力がないので、1週間寝ないで過ごせるようになりたい。台本も見ただけで覚えられるような世界に行きたい」と目を輝かせ、登壇者全員から「理想的」と同意される場面も。

吉岡は、「全員が特殊能力を持つパラレルワールドに行ってみたいです。手から炎が出たり、ビームが出せたり…。私自身は、大きなバリアを張れる能力が欲しいですね。中に入るとみんな優しい気持ちになれるバリア。監督が入ってもきっと優しい気持ちになります(笑)」とまたも監督をいじり、会場の笑いを誘った。

『パラレルワールド・ラブストーリー』は5月31日より全国公開となる。