画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトは2019年4月6日に大阪、14日に東京でWIP(Windows Insider Program)参加者であるインサイダー向けに、15日は法人企業向けとして、4回目となる「Windows Insider Meetup in Japan 2019」を開催した。4月14日に東京・品川の日本マイクロソフト本社で行われたイベント内容をレポートする。

○MSDの手で新たな進化を始めたMS-IME

Windows 10に実装される機能の一部は、日本の開発部隊であるマイクロソフト ディベロップメント(以下、MSD)が担っている。現在は200を超える言語のタッチキーボード開発や、クリップボード機能拡張「Win+Vキー」、絵文字パネル「Win+.(ピリオド)キー」、入力言語の切り替え「Win+スペースキー」、音声入力「Win+Hキー」(現在は英語のみ)などに携わるMSDは、「日本にいながら世界中で使われる機能を担当している」(MSD コミュニティマネージャー 森嶋佳代氏)と誇らしげに語った。

WIPのフィードバックハブに関する新機能として、日本語と英語が選択できる言語フィルターや、英語による投稿済みフィードバックの検索、新規フィードバック時に日本からも英語で投稿できる点を強調。その上で、「これまで賛成票を優先していたが、重要な問題へ迅速に対応するため『この優先順位を高い重要度として設定する』を新たに用意した」(森嶋氏)と説明する。

2019年5月下旬リリース予定のWindows 10 バージョン1903(May Update 2019)では反映されないものの、現在Skip A Head選択ユーザーに提供する20H1では、MS-IMEの刷新が図られる予定だ。

従来のMS-IMEはアプリケーション(以下、アプリ)のプロセスに張り付いているため、アプリを巻き込んでクラッシュする可能性があり、安定性への課題があった。他にも、新たなセキュリティモデルやコンテナモデルへの追従、各プラットフォームにおける一貫性・拡張性の低下といった点もあるため、「新たなMS-IMEの開発に取り組んでいる」(MSD プログラムマネージャー 大附克年氏)という。

MSDは「新MS-IMEは別プロセスで動作するため、書きかけのメールや編集中のスライドがクラッシュすることはない」(大附氏)と述べていた。この点をMS-IME担当エンジニアに尋ねたところ、従来はアプリからMS-IMEのプロセスを生成していたが、新MS-IMEはサーバープロセスを別途用意し、アプリからアクセスすることで、アプリを巻き込んだハングアップを回避。さらに、MS-IMEのサーバープロセスは再起動させることで、操作継続が可能になるという。

外観や機能面にも若干の変更が加わり、候補ウィンドウはWindows 10のテーマカラーに合わせ変更。また、多数のフィードバックを受けて、変換候補番号を追加した。コンテキストメニューもWindows 10のデザインを踏襲しつつ、項目を減らしてシンプルになっている。設定もWin32型ダイアログからUWPベースの「設定」へ移管されている。「辞書や変換エンジンは既存のままだが、将来的には改良したい」(大附氏)と可能性を匂わせた。

このように「設定」ベースに移行するMS-IMEだが、Windows 10バージョン1903では、設定項目の大幅な見直しが図られている。MSDは「既存のダイアログはボタン名称が同じなため、ユーザーの混乱を生じていた。また、一部の項目名は二重否定だった」(MSD プログラムマネージャー 古川翔一氏)と現状を踏まえ、「開発チームは使いやすく、分かりやすいMS-IMEの開発に注力している」(古川氏)と述べる。

その上で重視したのがUIの最適化だ。新しい設定は5つのセクションからなるシンプルな構成だが、MSDは「バランスを踏まえた」(古川氏)と、ユーザー需要に応じて設定項目の最適化を目指すという。各機能の実装や変更は段階的に行われてきたが、MSDは「機能をなくすとネガティブな声も聞こえてくる。ポジティブもネガティブなフィードバックも開発の方向性を決定する上で大きく役立つ。忌憚のないフィードバックをお願いしたい」(古川氏)とその理由を説明した。

さらに今後は、すべてのインサイダーに新機能を提供せず、「2つのグループに分けて、新機能で利便性が向上するか検証しつつ、提供する予定」(古川氏)と、WIPの方針変更を明らかにした。なお、MS-IMEに関する設定項目は「時刻と言語/言語」から「日本語」の「オプション」ボタンとたどり、「Microsoft IME」の「オプション」ボタンというように、深い階層に位置する。MSDは参照性を高めるため、検索ボックスから「日本語」「IME」「Japanese」といったキーワードでMS-IMEの設定ページを参照可能にした。

新MS-IMEは、絵文字パネルに顔文字とシンボルを追加することで、ユーザー満足度が9%、使用頻度が10%向上したと語るのは、MSD ソフトウェアエンジニアのGigi Wu氏。また、タッチキーボードは精度を向上させるため、「各キーがタッチに反応する領域を動的に変化させている」(Wu氏)という。その結果、誤入力は15%も減ったそうだ。いずれの改善も「フィードバックと使用状況データに支えられている」(Wu氏)しつつ、機能提案も含めてWindows 10 Insider Previewの利用とWIPへの参加を呼びかけた。

○5月下旬リリース予定のMay Update 2019

「Windows InsidersのためのWindows 10最新情報まとめ」と題したセッションでは、日本マイクロソフト Microsoft 365 ビジネス本部 製品マーケティング部 シニアプロダクトマネージャー 津隈和樹氏がスピーカーとして登壇。イベント参加者に「Windows 10はグローバルで何台使われている?」との質問を投げかけてスタート。Microsoftのマジックナンバーは「Microsoft by the Numbers」で確認できるとおり、本校執筆時点では8億台以上。見事的中させた参加者には、Windows 10ノベルティグッズがプレゼントされていた。

先日ベータ版などをリリースした、Chromium採用の新Microsoft Edgeに関する話題に触れつつ、「あくまでもインサイダー版をベースにしているため、リリース時はなくなっている可能性がある」(津隈氏)と前置きしながら、バージョン1903となるWindows 10 May Update 2019の新機能を次々と披露。

具体的には、サインイン時にぼかし効果が加わった背景画像やライトテーマ、エクスプローラーのアイコンに加わった変化、検索ボックスとCortanaの分離、クイックアクションセンターに並んだパネルの直接編集と多岐にわたった。「Win+Vキー」で呼び出すクリップボードの拡張は、記録する項目が2つから4つに拡大。本誌でも過去に取り上げた、「Win+Shift+Sキー」で呼び出す画面領域切り取り機能などにも触れた。

さらにOffice 365では、検索ボックスから人や書類など多くの項目を検索するEnterprise Searchや、PowerPointでAIがスライド内の項目に合わせてデザイン候補を提示するデザインアイデアにも触れ、「時系列に沿ったプロット作成や、箇条書きの項目内容に応じたアイコン配置機能など、この半年で進化した」(津隈氏)とアピール。

途中Microsoft Whiteboardの利便性を語りながら、話をWindows 10に戻してWindows Updateにおける7日間更新延期に触れた。Windowsサンドボックスや、Microsoftアカウントではなく、電話番号による新規ユーザー作成を披露。「ファーストラインワーカーなどMicrosoftアカウントを持っていない方でも取得可能にするため、新たな取り組みを加えた」(津隈氏)とのこと。

「『スマホ同期』の英語名は『Your Phone』のため、当初は『電話同期』という名称だったが、違和感を覚えるという『ランゲージコミュニティ』を通じたフィードバックが多かったため改称している。より良い日本語になることに協力していただきたい」(津隈氏)と、参加者に対して積極的なフィードバックを求めた。

Windows Insider MVPによるライトニングトークでは、Xbox Oneによるプレゼンを行う強者も。後から話を伺うと、Xbox Oneで動作するOneDriveアプリでプレゼンする予定だったが、フォント周りで意図しない動作が発生するため、急遽、Microsoft Edgeをインストール。PowerPoint Onlineを使い、Xboxコントローラーを手にライトニングトークに挑んでいた。

今回ユニークな試みとして取り込んだのが、参加者によるグループディスカッション。「あなたが理想とする次のWindows 10は?」をテーマに、12のグループに分かれて実施された。「大阪では時間が足りなく、無理に終わらせた」(日本マイクロソフト Microsoft 365 ビジネス本部 文教マーケティング担当 春日井良隆氏)ほどの盛況ぶりだったという。各グループからは、Windows Updateの欠点を指摘する声や、インストール時にハードウェア情報を精査してアドバイスする機能の実装など、ユニークかつ素直な意見が聞かれた。

日本マイクロソフトとMSDによる「もっとも開発などに役立つ意見」を取りまとめた結果、グループ1が優勝に輝いた。内容を要約すると、「ユーザーが簡単にWindowsを使うことができる環境を構築してほしい。設定や使い方、機能をもっと情報弱者へフレンドリーに教えてほしい。高齢者による情報収集や教育現場でWindows 10を使っていると、非フレンドリーなため困ってしまう。パートナーシップを拡大して、地域に浸透してほしい」というものだった。

グループ参加者の1人である80代の女性に話を伺うと、「(Meet Upに)参加するのは初めて。届いたメールを見て興味を持った。普段は高齢者向けPC教室を手伝っているが、今回の知見を持ち帰り、教室の参加者に広めたい」と語っていた。グループ1は比較的高齢者が多く、真のエンドユーザーの声が、一番役立ったフィードバックであるとされたのだろう。

日本マイクロソフトは「(今回すべての意見を)まとめた内容を開発やマーケティングに反映させたい」(津隈氏)とし、「今回初めてエンジニアが参加したが、Windows Insiderと近い関係が結べたと思う。今後も同様の場を作っていく」とイベントを閉めた。時期は未定だが、第5回の開催も予定するという。

第4回の開催となったWindows Insider Meetup in Japanだが、今回は託児室や記念撮影ブースを設けるなど、これまでにない取り組みも行った。託児所は、日本マイクロソフトの社員とともに、数組の参加者も利用。男性の利用が目立ち、開催が日曜日だったからか、“半分趣味”ともいえるイベントだったからか、子どもと一緒に訪れた父親が多かったようだ。

全体的な雰囲気も過去のそれと異なり、ずいぶんとアットホームな空気に包まれていた。日本マイクロソフトの社員によるプレゼンが終わったあとも、参加者からは気軽に意見があがっていた。また、終了後の懇親会で参加者同士が談笑する場面が多く見られたのも、これまでになかった風景だ。

Windows Insider Meetup in Japanは、当初からWindows 10の開発現場を巻き込んだイベントだったが、回を重ねて今回の姿になった。このまま進めば、Windows 10のユーザーコミュニティの発足つながるような勢いだ。

阿久津良和(Cactus)