『FGO』イベント「虚月館殺人事件」がノベライズ化決定! 筆を執るのは同イベシナリオ担当・円居挽氏

写真拡大

星海社ウェブサイト「最前線」の公式Twitterは、iOS/Android向けFateRPG『Fate/Grand Order』で開催されたイベント「虚月館殺人事件」のノベライズ化が決定したことを発表しました。イベントシナリオにおける“真犯人”をプレイヤーに予想させるという新しい形が採用され、多くのプレイヤーに謎解きを楽しませた「虚月館殺人事件」。今回のノベライズ執筆を担当するのは、同イベントシナリオも担当した円居挽氏(@vanmadoy)となります。さらに、本ノベライズのイラスト担当は、イベントでも活躍した名探偵「シャーロック・ホームズ」のキャラクターデザイン担当・山中虎鉄氏(@cotecote_sun)に! 「円居挽×山中虎鉄」という最強の布陣でお届けするノベライズ「虚月館殺人事件」は、「FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件」とタイトルを改めて、5月23日に刊行予定です。■商品情報・作品名:「FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件」・著:円居挽・Illustration:山中虎鉄・原作/監修:TYPE-MOON・定価:1350円+税・発売日:2019年5月23日・サイズ:B6判・レーベル:星海社FICTIONS・ご予約:Amazonでの予約はこちらから『Fate/Grand Order』は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT(C) Star Seas Company All Rights Reserved.