景品表示法違反について説明する内閣府沖縄総合事務局公正取引室の担当者(左)ら=16日午後、那覇市

 消費者庁は16日、黒毛和牛とうたいながら外国産牛を提供したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、東京都国分寺市の飲食業「ロイヤルダイニング」に再発防止を求める措置命令を出した。

 調査をした内閣府沖縄総合事務局公正取引室によると、2013年3月から18年12月にかけ、同社が展開する沖縄県や東京都の焼き肉レストラン「ロインズ」の各店舗で、タンやハラミなどが米国、オーストラリア産であるにもかかわらず、黒毛和牛と表示して提供していた。

 同社は調査に対し、「他で展開する飲食店のメニュー表示を使ってしまった」と話したという。