東京五輪競技日程の詳細発表 陸上は9種目で午前決勝

写真拡大 (全3枚)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、東京五輪で実施される各競技種目の詳細な日程を公表した。

 史上最多となる全33競技339種目のうち、国際オリンピック委員会(IOC)により開催計画が凍結されているボクシング13種目を除く32競技326種目。大型連休明けに抽選販売の申し込み受け付けが始まる国内一般向けチケット購入時の参考となる。

 大会は7月24日の開会式2日前の22日午前9時、福島県営あづま球場でのソフトボール(日本戦の予定)でスタート。大会初日と最終日(8月9日)を除いて連日20種目前後の決勝をバランス良く配するなど、大会を通じて盛り上がりが途切れないよう設定された。

 焦点となっていた陸上については、男子110メートル障害など9種目の決勝を午前開始のセッションに実施。暑さ対策として開始時間のさらなる前倒しが検討されていた男女マラソンは昨年7月の大枠公表時から1時間繰り上げて午前6時に、競歩は男子50キロが30分早い同5時半、男女20キロは1時間早い同6時スタートとなった。

 トライアスロンやサッカーも暑さなどを考慮し一部で開始時間が変更された。バスケットボールとビーチバレーは男女とも決勝は午前開始となった。競泳はすでに午前開始セッションでの決勝が決まっている。

 このほか、開閉会式はいずれも午後8時開始。閉会式は招致段階より1時間前倒しされた。パラリンピックの詳細な日程は夏までに公表される。