警視庁本部

写真拡大

 就職活動でOB訪問を受けた女子大学生への準強制性交容疑などで逮捕された大手商社住友商事(東京都千代田区)元社員の三好琢也容疑者(24)=東京都北区滝野川6丁目=について、警視庁は16日、同じ学生への準強制わいせつの疑いで再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 中央署によると、再逮捕容疑は3月1日深夜、東京都中央区のカラオケ店の個室で、就職活動のためOB訪問を希望した20代の女子大学生に大量の酒を飲ませて泥酔させ、トイレ内で胸を触るなどしたというもの。署は、三好容疑者が焼酎をロックで10杯以上注文し、一気飲みさせるなどした疑いがあるとみている。

 三好容疑者はこの後、女子大学生の宿泊先のホテルに侵入して性的暴行を加えたなどとして、3月26日に準強制性交などの疑いで逮捕されていた。住友商事は被害者からの連絡で事態を把握し、三好容疑者を同月6日に懲戒解雇とした。