『ヘルボーイ』第1弾ビジュアル(C)2019 HB PROCUCTIONS, INC.

写真拡大

 悪魔なのにヒーローという稀有な存在としてアメコミ界・映画界で絶大な人気を誇るキャラクター、ヘルボーイを主人公とした映画『HELLBOY』が、邦題を『ヘルボーイ』として今秋公開されることが決定。あわせて、第1弾ビジュアルも公開された。

【写真】「ミラ・ジョヴォヴィッチ」フォトギャラリー

 『ヘルボーイ』は1993年にダークホースコミックスから刊行された人気のアメコミシリーズで、魔界で生まれた悪魔の子が地球で育てられヒーローとして活躍するストーリー。過去にはギレルモ・デル・トロ監督により映画化されているが、今作はスタッフ・キャストを一新し、原作者マイク・ミニョーラの監修の下新たに制作された。

 『ゲーム・オブ・スローンズ』などを手掛けるニール・マーシャルがメガホンを取る本作の主役・ヘルボーイを演じるのは、ドラマ『ストレンジャー・シングス』で世界的な知名度を獲得したデヴィッド・ハーバー。ヴィランとなるブラッドクイーン役は『バイオハザード』シリーズで日本でもおなじみのミラ・ジョヴォヴィッチが務める。ほかにヘルボーイと共に戦う防衛局メンバーとしてベテラン俳優のイアン・マクシェーンや、サッシャ・レイン、テレビドラマでの活躍が目立つ韓国出身のダニエル・デイ・キムらが共演。

 今回解禁された日本版第1弾ビジュアルは、燃え盛る魔界の炎を纏い、鋭い表情で銃を構えたヘルボーイが圧倒的存在感で登場。「悪かったな、俺がヒーローで。」とのキャッチコピーが添えられているのも印象的だ。

 映画『ヘルボーイ』は今秋全国公開。