西村はデッサンの絵画モデルに挑戦

写真拡大

4月16日(火)に、お笑いコンビ・バイきんぐ(小峠英二・西村瑞樹)によるドキュメントバラエティ『小峠ハローワーク』(日本テレビ系、23:59〜)が放送される。この番組は、今年の1月に放送されて好評を得た番組の第2弾。今回も小峠と西村が様々なアルバイトに挑戦する。

今やMCやひな壇で活躍することも多くなった売れっ子芸人の小峠が、生活の苦しい若手芸人のためにアルバイトを紹介。自ら汗を流し、そのアルバイトを実際に体験することで、仕事の大変さを伝えていくというもの。

過去にコンビニのバイトを2時間で辞めたこともあるほど接客が大の苦手な小峠は、今回、原宿のアパレル店員に挑戦。このお店のウリは「友達感覚の接客」だというが……。小峠は、自分の半分以下の年齢の客に、どう接するのか。

また、爬虫類が苦手だという小峠は、爬虫類専門のペットショップで爬虫類のお世話も体験。爬虫類との絡みを仕事の中で唯一NGにしているという小峠は、ヘビやトカゲたちのお世話を務めることができるのか。

さらに小峠の受難は続く。前回の放送で「2度とやりたくない」とスタッフに本気で懇願したキャバクラのボーイに再挑戦。前回よりもさらに癖のあるキャストや客からの試練が小峠に降りかかり、「芸人生活、色々キツいことやってきたけど、今までで一番キツいかもしれない……」と、つい弱音を吐いてしまう。

一方、相方の西村は、ちょっと気になるけど手を出しづらいバイトの代表格・デッサンの絵画モデルに挑戦。「合法的に人様に裸をさらけ出せる」と、その変態っぷりを隠すこともなく張り切る西村だったが、過酷な試練が待ち受けていた。ただ立っていれば良いと甘くみていた絵画モデルも、実は奥が深く体を張った大変なバイトだったことが判明する。

次々と襲いかかるキツいバイトの数々を2人は無事にこなすことができるのか。小峠と西村の体を張ったチャレンジは必見だ。