パリのノートルダム大聖堂で火事 改修工事が原因か

写真拡大

 パリの観光名所で世界遺産でもあるノートルダム大聖堂が火事になり、激しく炎上しました。

 火事は日本時間16日午前2時前に発生し、尖塔(せんとう)部分が焼け落ちるなど、大聖堂の大部分が激しく燃えました。消防士など数名が負傷していますが、いずれも軽症の模様です。大聖堂では改修工事が行われていて、工事作業が火事を引き起こした可能性が高いと現地メディアは報じています。消火活動は現在も続いていて、貴重な美術品などの避難作業が続いています。また、出火から約2時間後にマクロン大統領が現地を訪れています。