ジャケット 500,000円+税、Tシャツ 40,000円+税、パンツ 85,000円+税/以上サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ

写真拡大 (全15枚)

実写化不可能といわれた『キングダム』が、ついに映画化。公開に先駆けて、Ray編集部が山粼賢人・吉沢亮・橋本環奈の3人にスペシャルインタビュー! 撮影を通じて絆を深めた3人は、トークでも仲のよさがサクレツ。胸アツすぎる空気感をぜひ、お楽しみください♪ さらに、先日行われた完成披露試写会でのコメントも必見♡

「全員、もともと原作ファンですから(笑)」

KENTO僕は『キングダム』連載10周年の実写特別動画で信役をやらせていただいて、そのときに作者の原泰久先生からメッセージをいただいたりもして。この先、映画化するならやりたいとずっと思っていました。本当に大好きな作品で、さらに大好きな信を演じられると聞いたときはビックリしたのと同時に、めっちゃうれしかったですね。

RYO 僕ももともと原作ファンで、20才くらいのときからずっとハマって読んでいて。嬴政・漂という役をいただいたときはすごくうれしかったんですけど、大好きなぶんヘタなものは作りたくないし。どう実写化するんだろう、大丈夫かな…と思っていたんですが完成作を観たら、率直にすごくおもしろかった!

KANNA私も原作を読んでいて大好きな作品だったので、これは実写化不可能だろうなという思いがあったんですけど、完成作を観たらその不安要素が完全に消えました。胸を張ってみなさんにオススメできる作品になったと思います。最初にお話をいただいたときは「え、何役?」って思ったんですけど(笑)。河了貂という、作品の中ではちょっと力の抜けているキャラクターをやらせていただきました。

KENTO僕はお亮と2人で映画について前々から話していたのもあって、最初にお亮の嬴政と漂が決まったと聞いたときは「よっしゃ!」ってなって。河了貂は誰がやるんだろうなと思っていたら環奈ちゃん、なるほど、めっちゃいい!みたいな。

RYO この役が似合うのは環奈ちゃんくらいだよ(笑)。

KANNAそれぞれのキャラクターも、みなさんぴったりですよね。

KENTO本当にぴったりだと思う。大沢たかおさんが演じる王騎とかね。

KANNA王騎はすごいよね。現場でお会いして、いちばん震えた!

ジャケット 500,000円+税、Tシャツ 40,000円+税、パンツ 85,000円+税/以上サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ

記事の画像を全部見る♡

役づくりで「10キロ痩せました」

KENTO役に入る前に準備にしたことはアクションの練習。信が持っている野生っぽさ、型にはまっていないアクションをつくろうと意識しました。アクション映画もいっぱい観ましたね。信は孤児の少年なのでやせているだろうということでトレーニングと、炭水化物を抜いてブロッコリーと赤身肉などを食べる食事制限をして。10圓らい体重を落として挑みました。

RYO 僕は嬴政と漂の一人二役だったので、どう演じ分けるかっていうことを意識しました。嬴政はのちに始皇帝になる男なので、立場的に弱くても何かしらのすごみがあるんだろうなと思って、立ち姿や声の出し方とは別に内から出てくるオーラみたいなものを、どうやったら出せるのか考えながらやっていました。

KANNA凜々しいキャラクターがたくさんいる中で、貂は話すだけでちょっと笑っちゃうような役どころ。人間らしさや、強さもあるけど弱い部分も描きたいなと思ったのと、自分なりには、小さいけど堂々としている、男っぽい感じも意識しました。ちなみに、貂が着ている蓑の着心地は全然よくないです(笑)。

KENTO貂、嬴政、信の3人のシーンは、気を張らない部分もあって楽しかったね。

RYO 信が貂にツッコむシーン、オレあそこ好きだったなぁ〜。

好きなシーンは“全部”!

KENTO好きなシーンは全部です!全部のシーンに力を込めて、気持ちを込めてやったので、それがひとつの映画となっているのを観て感動したというか。

KANNAそういえるのもすごいことだよね。どれも欠けてはいけないシーン。

KENTOあとラストシーンは、この映画のために原先生が書いてくださったセリフなので、それをいっているときは実際に自分も奮い立たされました。

RYO そこは映画で観てすごく泣いた!

KANNA私は序盤の信と漂、漂と嬴政のシーンもすごく好き。彼らの関係性があるからこその物語だなと思うので。でも、本読みのときはちょっと笑ったよね。

KENTOお亮が一人二役やるから…オレ、隣で聞いてて耐えられなかった(笑)。

RYO 「顔を上げてもよろしいのでしょうか」「かまわん」って(一同爆笑)。

KANNAそれが映画で観たら超感動して。本当に全部が山場だと思います

ワンピース 29,000円+税、トップス 11,000円+税/ともにLOVERESS青山

キャスティングがぴったりすぎる!

RYO 最初に中国ロケをしてから日本での撮影に入れたのがストーリーとは逆ですがよかったなと。大沢さん演じる王騎との大事なシーンを先に撮ることができて気持ちもつくりやすかったですし。大沢さんは存在感、体の説得力がひとりだけ違ったので、撮影中もめちゃくちゃ緊張感があって。今振り返ってもすごいシーンだったなと思いますね 。

KENTO自分も同じです。信は小さいころに王騎を見て「天下の大将軍になる」と夢見るキャラクターなので、最初に王騎のオーラや人としてのデカさを感じることができてよかったです。それと、左慈役の坂口拓さんと戦えたことも大きな刺激になりました。坂口さんは本物の武人なので、撮影中も「本気で脳天を斬ってきていいよ」っていってくださって。でも全部よけられて、反撃もめちゃくちゃ早いんです。そのシーンは異様な空気が映画にも出ているんじゃないかな。

KANNAこれだけ豪華でキャラクターにぴったりのキャスティング、純粋にすごいなって思います。私が近くで見てとても印象に残っているのは、楊端和を演じる長澤まさみさん。アクションはもちろん、美しさと風格を持ち合わせているというか。私の語彙では表せないくらいカッコよかったです!

「中国ロケ、いろいろすごかった」

RYO 中国ロケは大変だったよね。撮影的な大変さもあるんだけど、生活するのが大変(笑)。田舎のほうだったからお店が閉まるのが早くて、ごはんが食べられない日もあったりして。

KANNA最終的には、もはや屋台で食べてました。あとは四川料理とか。辛い料理苦手なのに四川料理…。

KENTO&RYO終わりじゃん(笑)。

KENTO食事でいうと、よく行っていた焼き肉屋があって。そのお店に最初に行ったとき、先に大沢さんがお店に行っていて。自分は減量するために赤身の肉を食べてたんだけど、大沢さんは役づくりで筋肉を増量するために赤身をたくさん頼んでたから、もう赤身がないっていう事件が。

RYO&KANNA(爆笑)

KENTOマジっすか、店の赤身ないんですか!?って。でも腹減ってたから、とりあえず脂身食べる、みたいな(笑)。

KANNAあとロケ場所も上海から遠いんだよね。大型バスにみんなで乗って6時間かけて行くんですけど、高速で荷物が飛び出すっていう事件も(笑)。生きて帰れてよかった!

RYO でも中国ロケは目に見える景色がずっと壮大だったから、芝居をしていても気持ちが入りやすかったです。

KANNA撮影所もめちゃめちゃ大きくて。

RYO ひとつの街だったよね。

KENTO王宮のセットもセットに見えないくらい、本当に城なんじゃないかって思えるくらいのスケールで。

KANNAすごくお金がかかってるらしいよ(小声)。

RYO 玉座だけでウン百万かかってるらしいよ(小声)。

(ここでスタッフより玉座の衝撃プライスが明かされる)

RYO え、もしかして、これ大作?

KENTOあれ、ちょっと待って…ハリー・ポッター?

KANNA魔法は出てこないですけど、すいません(笑)

今後の夢は「キングダム続編!」

KENTO 『キングダム』の続編をやることが今の夢ですね。

RYO それだよね。ここからもっと話もおもしろくなっていくので、何回でもやりたいです。

KANNA私は、夢とか目標をこれって決めないようにしていて。もちろん自分の中でこうなりたいっていうビジョンはあるんですけど、客観的に「1年後こうなってるだろうな」って思われる枠組みを破りたい、そのみんなのイメージに収まりたくないなっていうのが目標ですね。

KENTO&RYOかっけぇな、イケメン!

KANNAイケメンでしょ?(笑)

RYO 俺の個人的な夢は、役者として…最強?

KANNAちょっとコメントが直球すぎないですか?(笑)

RYO でも俺もないですね、これしたいっていう夢は。『キングダム』はひとつの大きな目標だったから、出演を決めるために何をするべきかっていうのは、お話をいただくまで、ずっと考えていて。でも今は「こんな役やれるんだ!」みたいなビックリを楽しみたいなって思います。

KENTOほんとに夢の連続なんで…。

KANNA出た、なんかスイッチ入った(笑)。

KENTO夢みたいな出来事が多いから、この夢がずっと続けばいいなって、そう思いますね 。

RYO なんかちょっと、かっけぇな(笑)。

KENTOだからほんと今も夢の中なんだよね。

KANNA今ですか? 起きてもらっていいですか?(笑)

RYO 起きたら何やってる人なの?(笑)

KENTOで、話を戻すと! 目の前のことを常にがんばり続けた結果でいいなと思うんです。それしかないですね。

KANNAそうだね。目標を立てちゃうとそこで終わってしまう気がするから、楽しめてるうちはそれでいい気がする。

「役者としての武器が増えた」

KANNAやっぱり撮影がいちばん過酷でした。中国が大変っていうのはわかっていたことなんですけど、日本での撮影もこれほど大変だとは思わなくて(笑)。でも撮影を終えて、これだけ過酷なことを成し遂げたんだと思うと、そこはひとつの成長なのかなと思います。あまり実感はないんですけど、観た人から「貂よかったよ」っていっていただくとありがたいし、うれしいです。

KENTO一個一個難しいアクションに全身全霊で取り組んで、乗り越えることができたのは成長なのかな。本当に映画化が決まって、信役をお願いしますっていわれて。その日から撮影に入るまで、常に何をやっていても『キングダム』への意識が頭の片隅にあったので、撮影が終わったあとは抜け殻のようでした。

RYO 脱力感がすごすぎて、終わったあとは何もしたくないっていう気持ちになったよね。殺陣をやったり乗馬をやったり、技術的にもやることが多かったので、そういう面では役者としての武器が増えたなって思います。大好きな作品だからこそ、現場でもすごく熱いテンションでやっていたし。修行のシーンは賢人とずっと練習をして、2人で乗り越えた感があります。

ブルゾン 53,000円+税/08サーカ ス(08ブック) パンツ 22,800円+税/ハックドバ イ(インターナショナルギャラリービームス) Tシャツ/スタイリスト私物

「ふつーに仲よかったけど、距離が縮まりました」

RYO 賢人とは飲みに行ったり、ふつーに今まで仲よかったけど、仕事の話とか熱い話を今回の現場で初めてして。距離感がちょっと変わったなって思いました。役者同士でそういう話をするのって、ちょっと恥ずかしいからほかの人にはあんまりいえないけど、賢人にはさらっといえる。

KENTOそうだね。がっつり真面目な話をするようになったのは『キングダム』に入ってから。熱い作品だから熱い部分も出せるようになったというか。それ、めっちゃうれしい。

KANNA賢人くんとしては距離感、遠くなったんですか? 近くなったんですか?

KENTO距離感はもうグッと近づいた!お亮は常に隣にいる感じ。

KANNA賢人くんと亮くんがいて、そこに貂という役柄で一緒にいる、その時間が長かったので私は楽しかったなって思います。撮影は大変なんだけど、ずっと笑ってたよね?

RYO 笑ってたなぁ。この作品はすごくこだわって撮影しているから、待ち時間が結構長かったんだけど、合間は今みたいに3人でくだらない話でゲラゲラ笑ったりして、本番になったらちゃんとやる。その空気感が心地よかったなと思います。

KANNAキャストみなさんおもしろくて、壁役の満島(真之介)さんが騰のモノマネをしてくれたりね(笑)。まさみさんは私の憧れの存在で、同じ現場にいられるだけで幸せでした。

KENTOお亮と環奈ちゃんと僕は『斉木楠雄のΨ難』も一緒にやって、さらに『キングダム』と作品を乗り越えてきたから、やっぱり絆は強いと思う。過酷な場所、撮影がある中で、空き時間は気を使わず楽しく話していられたのは、この3人だったからなのかなって思いますね。

「毎日をがんばる糧がちりばめられています」

RYO この映画は中国の歴史が苦手な人でも関係なく楽しめる、エンターテインメント超大作だと思います。若いRay読者のみなさんが観に来ても全然楽しめると思うし。泣けるし、笑えるし、イケメンいっぱい出るし、可愛いコもいっぱい出るし、見どころしかないじゃん!みたいな(笑)。

KANNAそれイケメンじゃないといえないですよね。説得力あるわ〜(笑)。私は今20才で、Rayの読者層とドンピシャだと思うんですけど、この世代は何かしら葛藤を抱えていたり、がんばっていることがあると思うんです。『キングダム』には、そんな毎日をがんばる糧がちりばめられています。そして原作好きな身としては、この映画が原作を読むきっかけになったらうれしいなと思いますね。

KENTO僕は『キングダム』っていう作品があるこの時代に生まれて、『キングダム』と出会えて、信役ができたことが心からうれしく、僕自身この作品からエネルギーをもらっています。みなさんに愛されるようなエンターテインメント作品になったと思うので、ぜひ大きなスクリーンで観てほしいです。本当に熱い気持ちを持って取り組んだ作品なので、この熱をみなさんと共有できたらうれしいです!

Check!

キングダム完成披露試写会での3人のインタビュー♡

KENTO全シーンに全精力をかけてやらせていただいて、 全部が見どころになっていると思います。先生が書いてくださった映画オリジナルのセリフもあるので注目し てみてください。
これだけの素晴らしいキャラクターがでてきて、 みんなの思いだったり、 アクションもそれぞれ違う形でやっているので、 そこも注目ポイントかなと。あとは、前半に修行しているシーンがあるんですけど、 そこの技を見てて貰えば、ラスト、繋がるシーンがあります。
キングダムに対する熱はみんな本当にすごくて、 その愛情もこもってますし、 自分自身キングダムにすごくパワーをもらっていて、 それがすごく幸せですし、みなさんもキングダムを見て、 この熱をどんどん広げていただければと思います。

RYO全てのシーンが本当に素敵なものしかないので、全部に注目してほしいっていうのが本音なんですけど。僕もそうですけど、みなさんの目力から、 うちにもえてる炎なんかが見えてくるシーンがたくさんあると思うので、みなさんの目力に注目すれば、 熱くなっていただけるんじゃないかな。

KANNAとにかく、原作の中でのビジュアルが再現されててセットとかも本当細かいんですよね。 原作が好きな人が作り手に集まってるので、 作品にリスペクトや愛情もありますし。原作を好きな方にも、 映画でさらにCGでみせる部分だったり、 キングダムの世界観やスケール感を感じていただけるんじゃないかな。

映画『キングダム』4月19日(金)公開

©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会

Profile
山粼賢人(やまざき・けんと)
1994年9月7日生まれ、東京都出身。2010年に俳優デビュー。映画『斉木楠雄のΨ難』『羊と鋼の森』など数々の話題作で主演。今夏には初声優を務める映画『ニノ国』、2020年には『ヲタクに恋は難しい』の公開も控える。

橋本環奈(はしもと・かんな)
1999年2月3日生まれ、福岡県出身。2011年に俳優デビュー。映画『銀魂』シリーズ、『十二人の死にたい子どもたち』などに出演。今年の公開待機作に『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』。

吉沢亮(よしざわ・りょう)
1994年2月1日生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビュー。近年の主演作に『ママレード・ボーイ』『あのコの、トリコ。』など。今年4月期のNKH連続テレビ小説『なつぞら』への出演も決定。

撮影/三瓶康友 スタイリング/伊藤省吾(sitor・山粼さん分)、荒木大輔(吉沢さん分)、鈴江英夫(H・橋本さん分) ヘア&メイク/永瀬多壱(VANITES・山粼さん分)、小林正憲(SHIMA・吉沢さん分)、森本淳子(GON.・橋本さん分) 取材・一部文/山口昭子